御殿場口へ移動中~


なんか知らんルートを移動中~

いつもより上やわ
ケルン連なってるし
関連記事

須走口五合目到着!


五合目到着しますた

今日は三時間切れました!

ちょっと休憩するです


(20170521追記)
写真、何故か送信ミスしてるし・・・
これって道の駅出発時のやつやないですかぁ~
ま、放置しときますわ

関連記事

道の駅すばしりナウ~


今やマンネリとなったモバイル更新どす

本日のご予定は
道の駅すばしりからふじあざみラインを五合目まで登り、
昔のハイキングコースを使って御殿場口五合目まで移動して、
更にハイキングコースで水ヶ塚でゴール!

でわ!
関連記事

あまからや


伊豆市原保ってとこまで下りてラーメン食ってます

ここのスパイス醤油ラーメンは独特でうまかったどす

さて、バス停まで
3キロ程歩きます

でわ!

関連記事

涸沢分岐点ナウ~


林道から涸沢歩道を経てやって来ますた

今日は頂上にわ行かずに下ります

でわ!
関連記事

萬城の滝のカブトムシなう~


今日もモバイルで失礼すます

いま、萬城の滝のとこどす

今日はここから林道を登り、古いハイキングコースを萬三郎岳の中腹まで行く予定です

明日が平日なんで、ちょっとぬるい目どす

でわ!
関連記事

冷川峠から修善寺駅行きバス車中ナウ~


まさかの最終バス~

でも乗れてよかったどす

なんどかピークから誤った方向へおり、
巻き道に惑わされ、
予想以上の時間がかかりますた

でわまた
関連記事

山の中を移動中~


車道歩きが嫌なので、ろくろば峠から冷川峠まで稜線を移動中どす
関連記事

矢筈山頂上ナウ


ちょっと迷ったけれど登頂しますた
関連記事

ろくろば峠ナウ~


予想より早くつきました

矢筈山に登ります

でわ
関連記事

東海バス車中~


今日は伊豆市冷川バス停から県道を7kmほど登り、
ろくろば峠から矢筈山に登ります

長い車道歩きがだるそうですがぁ~

でわ
関連記事

久しぶりの真鶴

201704_Manaduru_Sakana_00_01.jpg

GWの初日とゆーことで、どこかに行きたかったのだけれども、
山歩きはメジャーな山域は人が多そうなんでやめにして、
だったら久々に単なる物見遊山ということで、
久しぶりに真鶴へ行ったのでした。

三島からJRにのって、熱海で乗り換えて真鶴駅に到着。

201704_Manaduru_01.jpg

乗り継ぎがスムーズなら30分くらいだから近いもんだ。

GWということで真鶴も混んでいるんじゃないかと思っていたら、

201704_Manaduru_02.jpg

なんか空いている。

13時過ぎに着いたのだけど、漁港の『魚座』のとこにある
食堂とかも空いていたし、全体的にがらーんとした感じ。

201704_Manaduru_03.jpg

もっと賑やかなんじゃないかと思っていただけに意外でした。

まぁ、混んでるのは嫌いなんで、良かったのですが。

つーわけで、

201704_Manaduru_04.jpg

とりあえず磯遊びとゆーことで琴ヶ浜へ。

ウミウシいるかなー、アオウミウシ見たいなーと探すも・・・

201704_Manaduru_MiyakoUmiushi.jpg

2時間探してウミウシは妻が見つけたミヤコウミウシ1匹だけ。

だいたい毎回うじゃうじゃいるアメフラシさえ
ちょっとしか見つけられなかったのでした。

あと、

201704_Manaduru_Namako.jpg

ナマコとか。水からあげたらまんまるになりやがった!


まぁ、ウミウシ見れたので良しとします。

で、以前は漁港の所にあった『カワハギ』という磯料理屋で
刺身定食なんかを食うのが真鶴遊びの定番だったのですが、
同店は廃業して久しく、
他には岩海岸の『岩忠』がうちの定番なんですが半島の反対側だし、
半端な時刻だし、ってんで、魚を買って帰ってうちで食いました。

駅へ向かうバス道の途中にセブンがありますが、あそこの下あたり、
パントリーというスーパーの並びにある魚屋、
以前、一度利用してめちゃ良かったのでリピートしますた。

買い求めたのは

201704_Manaduru_Sakana_01.jpg

刺身用の地アジ、地物のアカカマスとアオリイカと、
それからマグロの剥き身。

素人包丁見せてもしゃぁーないので途中経過省略で刺し盛りです。

201704_Manaduru_Sakana_00_01.jpg

このアジが素晴らしく美味かったんです。
よくあるありふれた「生で食えるから刺身用」ではなくて、
刺身で食ってこそ美味いって感じで。やっぱ、あのお店は定番決定。

アカカマスは、ちょっとお値段安めだったのだけれども、
1匹だけ刺身で食えそうな身質のんがあったんで

201704_Manaduru_Sakana_00_02.jpg

焼き霜にして食いました。

他は・・・

201704_Manaduru_Sakana_00_03.jpg

天ぷらにして食いました。

結構、充実した1日でした。

でわまた。
関連記事

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

真鶴でウミウシ発見


今日は物見遊山で真鶴の磯にいます

で!

ウミウシ見つけますた!
関連記事

伊東駅到着~


ちょっとぶらついて帰ります

乙どした
関連記事

大平山山頂なう


伊東の街が見下ろせます

あとは下りるだけどす

でわ
関連記事

柏隧道ナウ~


天城隧道よりも三津浜隧道よりも古いとゆ~トンネルの廃墟です~

山越えて伊東へ下ります

でわ
関連記事

修善寺 農の駅ナウ


今日は軽く修善寺駅から伊東駅まで歩きます

ちょっと寄り道しますた

でわ
関連記事

ニンジンの葉っぱの天ぷら

201704_ninjinLEAF_00_01.jpg

JAの直売所に行ったら葉っぱ付きのニンジンが出ていた。

201704_ninjinLEAF_01.jpg

その葉っぱが天ぷらにして食うのに丁度良いサイズだったので即GET!

料理は簡単なんですが
こんな風に

201704_ninjinLEAF_00_02.jpg

細かい葉っぱの一つ一つを衣が薄く覆っている様に作りたくて、
色々やってきて今の方法に行き着きました。

まず、葉っぱをばらして

201704_ninjinLEAF_02.jpg

やっぱ、これくらい若い葉っぱの方が美味いです。
洗って適当なサイズに小分けして、水気を拭いておく。

201704_ninjinLEAF_03.jpg

天ぷらの生地はちょっと濃いめがいい。
卵も何も入れない。薄力粉を水で溶くだけ。

201704_ninjinLEAF_04.jpg

この中へニンジンの葉っぱを入れて・・・

201704_ninjinLEAF_05.jpg

全体にまんべんなく薄くまぶし付ける。
この作業は手でやるのが速くて精密です。

で、ニトリルの使い捨て手袋をはめる!

201704_ninjinLEAF_06.jpg

そして次が重要なんだけど、

手袋をはめた手でニンジン葉をひとつつまんで、
つまんだままで適温に熱した油の中へニンジン葉を浸す。

勿論、指まで油に浸すことはないのだけれども、
やっぱ手袋した方が安全です。

で、浸したら直ちに葉っぱを小刻みに揺すって、油の中へ放つ。

この作業を全量について行う。

201704_ninjinLEAF_07.jpg

箸やトングでつまんで細かく揺するよりも、
手指でつまんで行う方が精密な作業が出来ます。

でも、油で火傷するのはあほくさいし、
油が熱くなくなるまで馴れる程には頻繁にするもんでないし・・・

結局、ニトリルの手袋でつまんで浸して揺するという方法になりました。

で、見極めは、泡が細かくなったらOK。
ニンジンの葉っぱは水気が少ない様で、すぐにカラッと揚がります。

油を切って盛りつけたら完成。

201704_ninjinLEAF_00_03.jpg

ところで、僕は何でもかんでも塩で食わせたがる最近の風潮には
うんざりしているのですが、こいつに関しては塩で食うに限ります。

でわまた。
関連記事

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

伊豆箱根鉄道がヤバイことになってる!


いずぱこに乗ろうと三島駅に来たら驚いた!

3両編成の3両側面全面フルラッピング!

例のラブライブってアニメのキャラがびっしりだぜ!

ここまできたら壮観と言う他はないわ
関連記事

コーニッシュ・ヘンの丸揚げ

201704_CornishHen_00.jpg

長泉町の『しずてつストア』にこんなの売ってた。

201704_CornishHen_01.jpg

冷凍のひな鶏なんだが、フツーの丸鶏よりも小ぶりで扱いやすく
食い切りサイズなので一度食ってみるかと購入~

調べてみると、アメリカでは結構ポピュラーな丸鶏ということで、
ネットには調理例があるわあるわ・・・

で、俺はといえば、とりあえず、丸揚げにでもしてみるかと・・・

201704_CornishHen_02.jpg

味付けは塩だけでいいと思うのだが、問題は方法。

皮ごとかぶりつくことを想定して皮目に強めの塩をするか、
それとも、筋肉中にまで適度な塩味を全体的に浸透させるか。

まぁ、間違いなさそうなのは後者かなってんで、
塩水に浸して塩を回す方法を採用。

問題は塩分濃度なのだが、
フツーに食うときは1%ちょい+くらいが好みで、
とすれば塩水が3%ではちょいと塩辛すぎるし、
鶏自体の水分も考慮したら2%くらいではないかということで、
1000gの水に20gの塩を溶かしたので良しとする。

それを鶏と一緒にポリ袋に入れて・・・

201704_CornishHen_03.jpg

冷蔵庫の奥に2日間入れておきました。

2日後、取り出して水切りしながら常温化。

201704_CornishHen_04.jpg

なんか、ユニークな姿。

これを衣とかは付けずに素揚げで。

201704_CornishHen_05.jpg

油をかけ乍ら揚げます。

201704_CornishHen_06.jpg

一度、油から引き上げて5分ほど休ませて・・・

201704_CornishHen_07.jpg

油の温度を上げて2度上げにします。
2度目は皮目のパリッと感を重視。

201704_CornishHen_08.jpg

・・・

薄い胸の皮が火傷して破れてしまいました・・・

201704_CornishHen_09.jpg

食べやすい大きさにぶった切って

201704_CornishHen_00_2.jpg


盛りつけたら完成~

懸念された塩加減も丁度良い感じでした。

これはリピートです。次は別の調味でやってみたいです。


そういえば、丸鶏と言えば、
もう10年以上前に当ブログにエントリした記事がありました。

これです~

marudoritachinochinmoku.jpg

この写真、気に入ってるんだが、記事はこちら→「丸鶏の沈黙」

これは丸鶏を低温調理的に加熱した後で、一度乾かして、
それから揚げた様です。これは干してる写真だな。

味?忘れた。

それよか、もうそんな前からこのブログやってることの方が驚き。



そういえば、そういえば、

ここ三島市にはひな鳥の丸揚げを名物にしている居酒屋が
何軒かあるようで、そのことは当地に越してきた当時から
知っていたのだけれども、まだ食ったことがないのでした。

でわまた。
関連記事

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク