田子の浦漁港『漁協食堂』の生シラス丼

どもーーーーっ!

あの超!!!鈍足台風のせいで富士登山がお流れになって、
ちょっとふきげーーーん!なのです。

まぁーーーー、9月から10月半ば位ならまだ登れますが。
自己責任ってやつで。
初冬の宝永山にも素晴らしー魅力があるので、あの広く
荒涼とした御殿場口の寒々とした風景なんか、大好きっ!
須走口から御殿場口まで中腹を行くのも面白そうですし。

ま、富士山方面にはいずれハイキングに行くでしょう。


というわけで、先日、って、ちょっと遠い目の「先日」ですが、
さすがに1ヶ月も前を「先日」とは言いませんが、1,2週間なら
「先日」とフツーに呼んでしまう程度の先日のこと、
例の超鈍足台風の影響が及ぶ前に、ちょこっと田子の浦漁港まで
行ってきますた。

何をしに?

生シラス食いにっ!!

三島に来てかれこれ9年超。食生活も色々と変化しましたが、
生シラスってやつを割とフツーに食うようになったというか、
食えるようになったのも、変化のひとつです。

フツーになったということは、当初の新鮮さは薄れ、
アタリマエの食いもんとしてフツーに食卓に上るという
ことなのですが、そのフツーの中にも様々なレベルって
のが厳然とあって、わーーーー失敗したーーまずーーーーとか、
きゃはっ!ピンピンでうまーーーとか、色々あるわけです。

ああーーーーーこのへんの回転寿司でも、割とフツーに
回ってますが、必ずしも美味いとは限らないので、
観光客さん的には要注意ですな。
冷凍とか長持ち処理してあるのもあるしね。

でまぁ、普通になっちゃった生シラス食いですが、
田子の浦漁協が漁協食堂と称して生シラスを食わせる
らしいということを知り、一度行ってみたいなぁ、
もしかしたら新鮮な感動があるかもっ!!!
と思い続けて幾星霜!!漸く実現の運びとなりました!

って、まぁ、田子の浦って、近いといえば近いので、
要するにおいらの腰が重いだけなんですが。

でもね!

相手は自然の漁獲物なんですから、不漁の時もあるでしょう。
そこは素晴らしいことに、な、なんと!
田子の浦の漁協はHPで入荷情報を毎日うpしてくれている。
だから、ちゃんとチェックして、これ、重要、入荷量が豊富な
ときにいけば、よさげ!

で、田子の浦漁協なんですが、クルマで行く人のことなんか
知らん。我が家にはそんなものはないし、おいらはペーパー
ドライバー歴20数年のゴールド免許ですからJRで行くんですが、
JRの駅なら吉原駅となります。で、タクシーに乗る、と。

もう、あれですよ。タクシーがいいです。
だって、漁協までは2.数㎞、歩いて30分程度かかるんですぜ?
って、2,3回歩いているので知ってるんですが、
まぁ、歩く人は自分で地図をググっていただくとして、
タクシー代は大体1000円ってところですな。

すると、生シラスがあるときは幟が立っているので、
そいつを確認して漁協の敷地に入っていくと、だーーっと机と
パイプ椅子が並べてあって、その傍らのプレハブのあばら屋で
生シラス丼を売っているのだった。

メニューはシンプルで、生シラス丼とえーと、富士山丼?
これは生シラスの上に釜揚げしらすを乗せてあるやつで、
ああ、なるほどね、釜揚げは白いからそれを雪に見立てて
富士山と称してるのねって感じのちょい大盛り気味のやつ。
それと釜揚げシラス丼。

ここまで来て釜揚げはないでそ?というわけで、
生シラス丼と富士山盛りを、妻と僕とでひとつずついただく。

201109_tagonoura_01.jpg

シラスの味噌汁付き。

201109_tagonoura_02.jpg

港が目の前。

201109_tagonoura_04.jpg


ほぉぉぉぉぉ~

201109_tagonoura_03.jpg


生シラスの透明感が最高で、魚体のピンピンした張りが
見るだけでビシバシ伝わってきますなーーー。


生シラスだけをちょっとつまんでパクリ。


!!!!!!!!んまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~っ!!!!!

ちょっと感動モンですよ、あれは。

この辺のスーパーで買うものには色々と難しい問題があって、
専門の魚屋で買うものは結構いけましたが、それでもこの感動は
かなり新鮮なものでした。これは再訪したいなぁ。するなぁ。

ただ、ご飯がもっと美味しかったら文句なしなんだがなぁ。
生姜も要らんけど。


食ってたら観光バスご一行様がわらわらーーーとご到着。
僕たちは開店直後にきたけど、食い終わる頃には、結構
お客はいっぱいでしたん。これは早い目早い目で行った
方が確かでしょう。予約も出来るそうだが、使ってない
から僕は知らない。


生シラス丼を食っちまったら、後は特にすることもないが、
田子の浦漁港の周辺には釜揚げしらすの製造業者が多くて、
その名も『富士山しらす街道』と称してHPまで作って頑張って
いるらしいことを事前調査で知っていたので、どれどれ、
いっちょ釜揚げしらすでも買って帰りますか!と、

201109_tagonoura_05.jpg

これですな!『富士山しらす街道』って幟が道ばたに。

で、道に沿って歩いて行ったんだが、何もないぞ!!!
向かう先にも特に何も見えない。
いやーーー事前にちょっと距離があることは知ってたんだが、
これは、あれだ。
「街道」っても歩いて回遊するための道じゃなくて、
クルマで回る人のための街道だね。
まぁ、ね。どうやらこの辺りはクルマに乗るのがデフォの
土地柄らしいので、そういうのもフツーにありなのかな、と。
歩きと公共交通機関がデフォである我が家にはツライね!

ということで、漁港に一番近いところで購入。
2軒あったけど、どちらもジモティーらしきクルマが来ては
買い求めている感じ。たぶんその辺りの各家庭には贔屓の
釜揚げしらす業者があるんでしょう。そりゃぁ、塩加減とか
業者によって違って当然なので、贔屓の店が出来るのも当然。
でも、いちげんのおいら、適当に飛び込むしかないやん!

で、後は駅に戻るんだが、歩いた。
駅まで30分ほど、歩行者なんていない。クルマばっかし!
まぁ、歩道の幅は広いので、あまりストレスはないが。

吉原の駅前にスーパーがあって、一部でちょっと有名らしい
ので入ってみる。噂のアレはなかったみたいなのがちと残念
だったんだが、売ってた生シラスがピンピンで透き通っていて
美味そうだったので買って帰った。


            *
            *
            *


帰宅して、早速いただく。

201109_namashirasu_01.jpg

201109_namashirasu_02.jpg

を~やっぱ美味そうやん!

201109_namashirasu_03.jpg

このくっきりした目と魚体の透明感が素晴らし~

んで、やっぱうまーーーーーでしたん。

酒は焼津で買ってきた『志太泉』の純米吟醸で。

201109_sidaizumi.jpg

(そうでした。焼津にも遊びに行ったんですが、
後日エントリするつもりではにます。)

201109_kamaage_01.jpg

釜揚げシラスも素晴らしかったです。

201109_kamaage_02.jpg

スーパーのにもそこそこ美味いのがあるけど、
これには絶対に敵わん。
次元が違うって感じね。身がプリッとして弾ける感じ。
いいねぇ。
田子の浦のジモティーさんには、このレベルがデフォ
なんだろうなぁ。これは必ず再訪して、何軒か味比べを
しなくてはと、心に誓ったのでした。まる。


そういえば、僕が初めて生シラスを食ったのは沼津港の
『鮨文』だったのですが、閉店しちゃったようです。
沼津港も再開発というのか、このところ変化が激しい
みたいで、又何か建ててはります。
なんか、水族館とか出来るらしい。
僕は冷凍のシーラカンスより生きてるトラフカラッパとか
の方がええ。生きてる甘鯛とか、泳いでるマナガツオとか。
ま、出来たら見に行くでしょう、当然。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

しらす

田子の浦に来ていただいてありがとうございます。生シラスおいしいでしょう。釜あげしらすは、どこで買いましたか?日の出丸のしらす美味しいですよ!!

>たくママさん
本当に田子の浦は生シラスがハイレベルなのでびっくりしました。
いいなぁ。羨ましい!

釜揚げは、ぱっとそこにあったお店、今地図を見たら「加藤しらす店」でした。
これから何軒か試すつもりなので、次は「日の出丸」に行ってみます。

30日には、しらす街道まつりがあります。加藤さんのところもおいしいですね。また行かれた時よってみてください。昨年お婿に行った息子ががんばって捕っています。

>たくママさん
シラス街道まつりのご案内、ありがとうございます。

ほんと、田子の浦にはシラス屋さんがいっぱいありますね~
最近、身体のシラス成分が足りないようです。
近々、買いに行こうと思っています。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク