下田で買ったアワビを食ってシャンパーニュを開けたでござる

じゃん!

201107_awabi_01.jpg

下田の道の駅に入ってた漁協の直売所で買って来たアワビなんだが

201107_awabi_02.jpg

生け簀でよさげなのを選んで、重さは650gってとこだが、
当然、皿の重さを除く機能付きだが、これで6000円ちょいです。
で、最初から加熱して食うつもりだったので、赤いの選んでます。
まぁ、青いの焼いたらどうなるか知らんけど、ここは教科書的に。

アワビを料理した経験は微々たるモンなんだが、やっぱ、この程度の
大きさのがうまいと思います。小さいのを何個か買うんだったら、
同じ値段で大きいのを1個買って、調理後食うときに分けた方がいい。

よく旅とグルメの情報番組で、小さいアワビの残酷焼きなんか写して
きゃぁきゃぁやってますが、あんなの、ねぇ?
だいたい、小さいのを獲って食うのは勿体ないのでは?
それとも、あれって種類が違うの?実はトコブシとか?
それに、固形燃料で炙っても、なんか、美味しくなさそうでしょう?
やっぱ、この程度の大きさのを厨房でちゃぁぁ~んと調理して、
蒸し鮑とかで出してくれる方がぼくたちは嬉しいなぁ。


で、こんな大きさのでも、殻を外すと

201107_awabi_04.jpg

半分くらいになってしまい、更に肝を外して掃除しますと・・・更に更に・・・

まぁ~アワビの肝は食えるわけですが。


で、ですね、殻から外して肝を外してしまえば、あとは丸かじり
しても食えるし、殻から外すのは木製のへら・しゃもじの類を
使えば全然簡単なので、

201107_awabi_03.jpg

となると、やっぱ、アワビなんかは
基本は家で食えばいいんじゃね?と思うようになる。割安っ!
ほれ。そしたら外でアワビってだけで舞い上がることもなく、
冷製に対処できますよってに。

で、今回は、その1

201107_awabi_05.jpg

バター焼き。

相変わらず、殺風景な盛りつけですが。あしらいもないし。
今度は青竹の取箸でも添えますか?

んで、これって、適当にスライスしたのをバターで焼き付けて、
最後に醤油をちょっとだけたらして少し焦がしてます。
こういうのはおおらかに作れば、大抵、まず美味いです。
蘊蓄不要。オトコは黙って鮑買ってきて焼いて食うべき。


その2

201107_awabi_06.jpg

鮑の炊き込みご飯

身の他に、炊く前に肝を刻んで混ぜちゃうので

201107_awabi_07.jpg

これってすげぇ色ですが、大丈夫です。
色から連想されるような味じゃないです。
鮑の肝って、苦そうな色なんですが、苦くはないんですなぁ。
海草風味ということはありますが。

で、やっぱ、身も炊き込んだ方が美味いです。
特に、縁のヒレヒレしたところなんか、あれは加熱して初めて
魅力が出てくる部位なんじゃないかしらん?
そもそも、アワビって、やっぱ火を入れた方が美味いでしょ?
その方が生で食うよりも味に広がりがある。
お寿司なんかでも、生より蒸しアワビの方が美味しいし。
酢飯との相性は、蒸しの方がいいです。断然!


と、軽く2品作ったらオシマイなんだから、やっぱ、鮑って
貴重ですなぁ。


ん~。賑やかしに鮑で思いつくことなど適当に書き散らかしますが、


日本料理に鮑をおろし金でゴリゴリおろしてとろろに混ぜちゃう
のがあるようですが、畏れおおくて作れやしない。こういうのは
店で食うしかないか。

そういえば、鮑と大豆を炊いた「大船煮」というのがありまして、
ミナミの馴染みの割烹で2回遭遇したんですが、あれは美味いです。
いちど、とりあえずトコブシで挑戦しようと思いながらも幾星霜・・・
作り方聞いたけど、忘れてしまった・・・

蒸し鮑といえば、新橋の『鶴八』でも何度か食ってるんですが、
あそこのは大きかったです。スライスではなくて、ごろんごろんと
大降りに切ったのが出てくる。
そうです!ペラペラの薄切りではいかんのです。
でも、結構長い期間、札になかったので聞いてみたら、昼はやって
ないとのことで。あれ?過去何回か食ったのは昼間だったんですが?
そもそも、僕らは昼しか行かんし。
春に出た某書籍によると、いずれ昼営業がなくなるとかいう話も
あるので、まぁ、色々変わっていくのは仕方がないことなのか。
大好きなお寿司屋なので、まだまだ続いてほしいなぁ。
そういえば、昼のおきまりが5000円の1本だけになったようだ。


で、夏でアワビだからってんで、なんとなくchampagneにしますた。

201107_marie-demets_01.jpg

Marie Demets って、RMですな。

ちょっと泡が弱かったなぁ。

201107_marie-demets_02.jpg

って、これは買ってからの保存の問題もあるかも知れんし。
お味は酸が強めに感じました。
でも、値段を考えると十分に美味しいです。

にしても、champagneって、好きだなぁ。スティルより好きかも。
でも、TBAにEis等、ドイツの極甘口は大抵好きやね。あかんのもあるけど。

で、このラベルに・・・

201107_marie-demets_03.jpg

オネイチャンの絵が浮き出てくるのに驚いたのだった。
あんたがマリーさんですか?
この蔵元の設立経緯見たら、どうやら、たぶん、そんな感じ。


そうそう!

この絵をみてよ!!

201107_awabi_08.jpg

アワビに付いてきた食べ方説明書なんだけど、可愛い!!!
目のハイライトが効いている。


ん~今回の更新はちと饒舌に過ぎるかもね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

固形燃料は味気ないですか。
ではシャルトリューズを塩に含まして、アワビを置いて点火して・・・
どうですか?

固形燃料の一人鍋

>gawaさん

いや、あれです。プレゼンのことではなくて、
純粋に加熱調理の熱源としてみたときに、あれって大嫌いってことなんですよ。

だって、火力弱いし。あれで一人鍋なんかやらされたら泪モンです。
温泉宿屋なんかやたらやりたがるようですが、いちどフグ食わされたけど、
ぬるくて生煮えっぽくて、あーーー嫌っ!!全然嬉しくない!!
誰よ?
あんな固形燃料一人鍋を流行らせたの????

焼き物も生焼けっぽくなるし。
固形燃料で陶板焼きとかさ、火力弱すぎでしょ。全然熱くならんし。

そりゃ、出てきたら食いますけどね、選べるなら却下!!!

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク