ながらみ

今までに食べたことのない、何か新しいものを食べるということは、
マンネリになりがちな日常生活のちょっとした刺激になる。なんと
いっても、手軽だ。食べたことのないものは、なにも高価で珍奇な
ご馳走である必要もないしね。スーパーの売り場を回遊するだけで、
そのようなものは幾らでも見つかるのである。

つーわけで、「ながらみ」というものを初めて食った。

これだ。

nagarami_01.jpg

巻き貝ですな。標準和名は「ダンベイキサゴ」とかいうらしい。

nagarami_02.jpg

見事なまでに巻き貝です。


で、ネットで食い方を調べると、普通に塩ゆでがいいらしい。
ということで、2%程度の塩水を沸かして茹でて完成。

nagarami_00.jpg

これでも、もう調理済みなんだが、生きてたときとあんまり見た目が
変わらないね。熱湯に放り込まれても、びっくりして引っ込むでもなく、
足を出したままだし。

生きてるときはこんな感じね。

nagarami_03.jpg

うん。茹でた後とあんまり変わらんね。

で、こいつは砂地に生息していて、どうしようもなく砂を殻の中に
吸い込んでいるということで、つまようじで身をほじくり出したら、
茹で湯のなかでしゃぶしゃぶと洗って食うといいらしいのでそのように。
ああ。はらわたはほかしました。先に食ってた妻がその方が美味いとか
言うので。因みに妻は、これを食うのが今回が初めてではないらしい。
子供時代に海の近くの親類の家でシッタカ等とひっくるめて「磯もの」
と称して食っていたらしい。

で、味なんですが、いけます。美味いです。乙な味ってのかしら。
小さい身の中の味を探るように味わう中に美味があるというか、ね。
ちまちまほじくって食べるのが、それが又かえって味になるというか、
そんな感じ。リピート確定。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

政さん、ご無沙汰しております。

ながらみ、静岡市から御前崎あたりでは非常にポピュラーな貝で、普通に魚屋で売られています。居酒屋などでもお通しで出てくるほどです。

が、昭和の昔に比べて値段が高くなって高級品になってしまいました。

>SUZYさん
こんにちは。
これは「しずてつストア」で買ったんですが、しずてつは静岡が拠点でしたね。
こちらが本拠地のスーパーや魚屋にもあるのかしらん?
いままで気がつかなかっただけかもしれないけど。

美味しい貝ですよね。
写真の量で380円くらいだった筈ですが、もっと安かったんですね。なるほど。
ネットをみてたら、とんでもない値段のものもあるようですが。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク