イチゴ狩り・ラーメン・岩手短角和牛

前の休みに、韮山のイチゴ狩りに初めて行ってきました。

三島駅から伊豆箱根鉄道に乗って韮山で下車して歩きます。
途中にJAの直売所『農の駅』があったので買い物をすこし。

201104_ichigogari_01.jpg

やがてJAのイチゴ狩りセンターに到着。
受付でカネを払うと、僕はてっきりセンター敷地内のビニル
ハウスで狩らしてくれると思っていたのだったが、クルマで
会場のビニルハウスに連れていってくれた。
どうやら、客の人数等によって会場のハウスを振り分けて
いるようなのだった。

んで、連れてこられたハウス。

201104_ichigogari_02.jpg

なかからイチゴの甘い香りがほわ~ぁぁぁあっと。
受付で払い込み証を渡して、コンデンスミルクがセットされた
容器を受け取ってハウスの中へ。

201104_ichigogari_03.jpg

30分食べ放題。

でも、あんまり食えるもんじゃないね。
それと、マルチ(←畝に被せてある黒いビニルシート)に土とか
着いていて、そこにイチゴが接しているので、潔癖性の人には
キツイかもね。洗えんし。土の小さなお友達もちらほらいるしね。
アマガエルとか。ま、そんなのどぉってことないさ。
なんせ、今は土のスープとか出してるフレンチもあるそうだが。
先日、NHKのBS観てたら、そういうの出てきて驚いたのだった(※)。


でも、最近では棚の上での水耕栽培も増えつつあるそうなので、
観光イチゴ狩りはその方式が主流になっていくのかも。
でもでも、土から切り離した農作物には、また異論もあるでしょう。
まぁ、僕はそういうのにどっちかといえば寛容ですが。
フルーツトマトだって、ある意味「異常な」育て方で初めて得られた
美味なわけでしょう?まぁ、あの味・甘さを不自然と評価することも
出来るのでしょうが、そういうのって、僕的には「脳内補正」の
一種だと思えます。感覚も価値観の影響を受けるでしょう。

そういえば、「昔の味」が良かったような宣伝方法もありますが、
それについても思うところがあり、いや、次の機会にします。


※ その番組で土のスープを披露していたシェフの、小田原の早川
時代の店には3,4回行ったことがあった。複数回行っていたという
ことは、結構気に入っていたということだが。比較的、近かったし。
でも、東京に行っちゃってからは行ったことないやぁ。だって、
東京は選択肢が多すぎるし、それに、お値段的に高級になりすぎ!
それに僕は、哲学的というか観念的になりすぎた料理には興味がない。
というか、寧ろ嫌いな方向性なんです。アタマで食べるというか、
そういうのは好かんのだなぁ。
まぁ、なんでも、突き詰めたらそういうのが面白くなってくるのかも
しれんが。現代音楽とかみたいに。僕はそこまで行けそうにない。
でも、やっぱ食いモンというのは、動物的な部分に直接響いてくれない
とって思うの。だから、子豚の丸焼き食いたいし、腹が一杯にならん
精神世界のお蕎麦では不満だわ。
って、まぁ、あんな先端的なものばかり出してる訳ではなかろうが。

おっと!お喋りが過ぎましたかな?失敬、失敬。

でも、当ブログももうすぐ1000回!!!
猫をかぶってるのはやめにして、いっちょここらで宗旨替えとか。
まぁ、考えないでもないですが。
でも、政治・宗教ネタは御法度のままですが。

で、話を戻すと、イチゴ狩り、まぁ、それなりに楽しくはありました。
でも、やっぱ、ぼくらはスーパーとかで買って食うだけでいいですわ。
だって、1箱(4パック入り)の紅ほっぺとか600円位で買えちゃうし。

で、イチゴだけでは腹がふくれるわけもなく、何か昼飯に食って
帰ろうかと。韮山周辺にアテがある訳でもなく、でもそういえば
原木(ばらき)と伊豆仁田の間に新しくできたラーメン屋、っても、
出来たのは去年らしいが、があるぞ、こういうときでないとこっち
には出てこないのだから食っていこうと。

ということで、原木駅の前を通って下田街道に出て北上、目的地の
『もかすけ』というラーメン屋へ。場所なんてケータイ検索で一発。
ラーメンって、いちばんネット情報が充実してる食のジャンルじゃ
ないでしょうか?

妻はとんこつ。

201104_mokasuke_01.jpg

僕の理想の豚骨ではなかったけど、近くにあればちょくちょく行く
でしょう。好きな味です。

僕はとんこつつけ麺。

201104_mokasuke_02.jpg

201104_mokasuke_03.jpg

つけ麺の方は、つけ麺のつけ汁の鉢が熱すぎたのでびっくりして、
ハンカチを使って持つことが出来ましたけれど、これはかなり好き!
魚節系の味がないのは『麺まるい』とは別方向やったけど、とんこつ
だけってのも、やっぱうまいなぁ。これは近くでないのが惜しい。
それに酸っぱくないし。酸味のあるつけめんは大っ嫌いなんです!!!

因みに、僕の理想の豚骨ってのは、臭いがポイントなんです。
ある意味「臭い」ことが重要。店頭に異臭が漂っているような。
大手チェーンの『山岡家』なんか、スープに関してはかなりいい線
いってますが、。でも、調味が惜しいなぁ、好みじゃない。
味薄めにしたら、全然もの足りんし。店内の臭いは大好きやなぁ。
あれで味を自由にカスタマイズできたら嬉しいんだが・・・

あとは歩いて、大場の『あおき』に寄って、伊豆箱根鉄道で帰りました。

『あおき』こういうのがあったので買ってみました。

201104_iwatetankakuwagyu_01.jpg

岩手の短角和牛ということですが、これって一時期、グルメ系の
雑誌でもてはやされていましたよね。興味はあったが食うのは初めて。
震災関連の外食不況でスーパーの一般小売りレベルに出るようになった
のかしらん?

カルビだけど、脂は控えめね。

201104_iwatetankakuwagyu_02.jpg

って、こういうのが普通の姿なのかもしれんが。

201104_iwatetankakuwagyu_03.jpg

普通に焼肉で食う。
ちょっとかためだけど味はいいようだ。って、3切れ目を食う頃には
肉のテクスチュアにも馴れて、ああ、うまい、最強!
霜降りばかりが和牛じゃないよね!って月並みな感想にいたる。
手に入ればリピート確定。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク