晩秋の東伊豆ハイキング 1. 八丁池口~戸塚峠~林道

修善寺駅から八丁池口までの季節運行のバスが今期終了となる前に~
ということで、前のお休みにちょっと行ってきたのです。

でも、八丁池のまわりは今までも何度も行っているので、たまには
違う方面に行きたいなということで、東伊豆方面に下りてみた。

さて、修善寺駅から八丁池口行きのバスに乗る。

201012_amagi_01.jpg

バスは天城峠で新しいトンネルを抜けて河津側へ、やがてバス専用道である
「寒天林道」に入ります。この林道の入口、普段は金属のワイヤーで閉鎖
されているのだがバス通過時には運転手さんが鍵を開け閉めする。

因みに、バスがない時期は、この林道を徒歩でとぼとぼ登っていくか、
または天城峠から向峠を経て、あるいは水生地下から、まぁ、いずれに
せよ、歩いていくしかない。まぁ、バスで登っても八丁池口のバス停から
1時間ほどは歩かねばならんのですが、それでもかなりの短縮になる。

んで、八丁池口のバス停からは、サクッと降車してとっととスタート。
バス停にも公衆WCあるけど、30分ほど歩いた八丁池の手前にある

201012_amagi_02.jpg

こっちの方が綺麗です。

で、八丁池は素通りして

201012_amagi_03.jpg

万三郎方面への歩道をひたすら突き進む。

白田峠を経て戸塚峠に到着。

201012_amagi_04.jpg

ところで、伊豆の山中には古いハイキングルートや山仕事の歩道が縦横に
走っているようでして、それらの多くはあまり表に、というか普通のハイ
キングコースの紹介本等には出てこないようです。
が、そういうルートを探索するのを楽しみにしている方々がネットに情報を
チラホラとあげてくれたはります。
で、当然、そういう情報を利用して山歩きをするのは自己責任となります。
地形図もコンパスもGPSも持たずに、ちょろっとメジャーなルートを外れて
歩くには、伊豆の山々は低山でも十分に危険だと思います。

という訳で、当ブログの山歩き情報の利用も自己責任でお願いします。

で、さてさて、今回はこの戸塚峠から林道へ下りて、最終目標は伊豆急の
片瀬白田駅なのでした。
林道へは、一応あまり歩かれてはいない歩道が通じていることは、ネットの
情報にありました。

つーわけでGO!

最初はそれなりに明瞭な歩道があったのですが、

201012_amagi_05.jpg

まぁ、よくあることですが、途中でルートが崩落していたり、
倒木でふさがれていたりで、結構ズタボロで不明瞭になっていた。
落ち着いてルート策定しないと、道迷い遭難とかね。ありえます。

201012_amagi_06.jpg

そういうときにどこにいるか判るだけでも全然違うんだが、でも、地図と
コンパスだけで現在位置が判るか?それにはけっこうな習熟が必要でしょう。
だから、今はGPSを使うのは当然だと思います。

201012_amagi_07.jpg

沢沿いの斜面の踏み跡をたどること数十分、木々の間に異なるテクスチュアが!!

201012_amagi_08.jpg

あ、あれはっ!!まさしく!

201012_amagi_09.jpg

やったー林道にでました。
名前のある歩道ではありますが、かなりの荒れようでした。
面白かったけど。

あとは、林道を歩いて、伊豆の奇木である「おばけ杉」を見て帰ります。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク