サワラの幽庵、味噌漬、味醂粕漬

先月下旬に買ったサワラ、まだ食ってます。
サワラ攻めの日々であります。

先ずは幽庵焼でしょ。

sawara_yuuan_201012.jpg

ああ、幽庵焼ってのは醤油と酒と味醂を混ぜた汁に切り身を
漬け込んで焼いたもんで、名前の由来は堅田の幽庵という昔の
茶人がどうしたこうした・・・らしい。ほんで、幽霊の幽の字で
幽庵と書くのが正しくて、柚を入れるから柚庵とかいうのは
後世のモジリらしいですぜ。まぁ、そんなことどうでもええわ。

んで、味噌漬け。

sawara_misoduke_201012_01.jpg

教科書的にはガーゼで包んで漬けろとかいうことなんだが、
味噌をつけたまま焼く方が家庭料理的には美味しいでしょ。
だから僕は・・・

sawara_misoduke_201012_00.jpg

こんな感じに、味噌田楽かなんかみたいに焼いてしまう。

味噌漬けって焦げやすいんだけれども、串を刺してこういう風にして
火加減に気をつけながらとろ火じっくり焼いていけば変な焦げ方は
しない。だから特に難しくなんかないです。


ところで、味噌漬けの味噌は白味噌の粒味噌を味醂で溶いて使うの
ですが、さすがに粒味噌はこっちでは売ってない(ようだ)。だから、
帰省時に買ってきたのを冷凍してとってあるんだが、ちょっと
今回は味噌の量が足らなかったのだった。

そこで、冷蔵庫の奥で眠っていた味醂粕にもご登場願った。

sawara_mirinkasu_201012_01.jpg

岐阜の白扇酒造ってとこの味醂粕やね。
(この醸造所の味醂は飲んでも美味いんですよ。)

この場合も、切り身に塩をして1時間ほどおいて水気を拭き取った
のを漬け込む。味醂粕には塩気がないので、それなりに塩を効かせ
ないと味がふぬける。

sawara_mirinkasu_201012_02.jpg

焦げやすいので焼き方は味噌漬けに準じる。

ありゃりゃ?味醂漬けの焼いた写真がないぞ。ま、いいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク