富士山・須走口・キノコ

もう先週のことですが、富士山の須走口へキノコを食いに行って
きたのです。以前、コメント欄で教えて貰った『東富士山荘』へ。

須走口の五合目は標高2000mもあるのだが、10月末まで、土日祝限定
だけど、御殿場駅からハイキングバスが出ていることを知ったので。
(今日の天気からすれば、クルマをもってない我々にはぎりぎりセーフ!)

御殿場駅から須走口五合目までは1時間ほどかかる。バスが須走の
街を抜けて「ふじあざみライン」に入ると、道沿いにちらほらと
クルマが駐車していて、林の中に人の姿がチラチラする。
そう。きのこ狩りをしている人が結構いるのだった。

やがて、バスは5合目のバス停に。

subashiri_201010_01.jpg

目的の『東富士山荘』はすぐに判って、早速キノコを食わせて
貰おうかと入ろうとすると、そこの大将らしき人が
「先に小富士を見てきた方が良い」とかいうので、
ぢゃぁそうするかと。

で、林の中を抜けて歩いていくと、20分弱で小富士に到着。

大将が奨めただけのことはあって、コンディションも良く良い眺め。

subashiri_201010_02.jpg

ド!真冬にきたら雪の富士山の良い写真がとれそうじゃない?

小富士見物もそこそこに、山小屋へとって返して、きのこ料理を
いただく。

食ったもの

subashiri_201010_03.jpg

キノコ鍋セット(きのこご飯が付いている)

これは凄いです。固形燃料で温める小鍋仕立てだけれども、
初めて見るようなキノコが底の方までびっしり。

キラキラ目立つ黄色いのは、カベンタケだろうか。
あと、ホコリタケらしきものがはいっていて驚いたが、
食ったら美味しいのでもう一度驚いた。胞子が生成される前の
若いものは真っ白でフワフワで、実にうまかったのだ!

きのこソテー

subashiri_201010_04.jpg

見たまんまです。もう少し外からの味付けは薄い方が好みだが、
すぐに馴れた。これもいい。

そして、そして

subashiri_201010_05.jpg

マツタケうどん

富士山のマツタケらしいのだが、とても美味かった。
下界の街中で食ったら、申し訳程度にマツタケの薄片がひらひらと数枚
浮かべたものをマツタケうどんでございと出してきそうなものだが、
ここのは分厚く刻んだのがザックザックとうどんの上にも鉢の底にも
惜しげもなく入っていたのだった。そして汁にも十二分にマツタケの
香りが移って、ああ、すんばらしい。

やっぱ、ものの味というのは、口いっぱいに含んで奥歯でしっかり
噛んだ方がよくわかる。というか、そうせんとわからんでしょうし、
そのように喰いたいもんだと常々思っているので、大満足じゃ。


さて、きのこは食ったが、帰りのバスまでまだ2時間以上もあったので、
五合目の林の中の小道を適当に歩き回ってキノコの写真を撮った。

subashiri_201010_06.jpg

食えるかどうかわからんので手は出していないが。

しっかし、遊びで写真を撮るためにきのこを探しながら歩いていると、
気づかないままにずんずんと奥へ奥へ入ってしまうのには驚いた。
キノコや山菜採りで道迷い遭難というのも、あれは普通にありうる
ことなのだということが解ったのだった。


ところで、キノコ狩りの人がたくさんいるのを見て気になったのが
「キノコをとるのに鑑札は要らんの?」ということなのだが。山梨側、
富士吉田・鳴沢村の辺りでは入会権の関係で、きのこ狩りをしたければ
鑑札を買わねばならん(2000円)ということは解っていたのだが、
ネット検索で方々調べても静岡側ではきのこ狩りの鑑札の話は出てこない
のだった。御殿場の保健所だかなんだかが毒きのこに注意という呼びかけを
しているのは知っているが、鑑札が要るという話はみあたらない。

かとおもえば、ネイチャーガイドかなんか、そんな感じの人に注意された
とかいう話もあったりで、正直、よくわからん。

それでも、須走口では、公然ときのこ狩りが行われているようなので、
まぁ、別に問題なく構わんのだろうと、そう思っておくことにする。
(どなたか確実にその辺のことをご存じの方がいらしたら、是非お教え下さい。)

それにしても、僕もキノコ狩りがしたくなってきた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク