ハンバーグ

ハンバーグって、使うミンチによってご馳走にもなれば節約料理
にもなるけど、これは節約料理の方やね。

humberg_201010_00.jpg

って、まぁ、ええ肉買ってきて自分でミンチにしても、外見に
大きな差が生じるわけではないが。

ところで、ハンバーグって、昔というか古い教科書的手法は
粘りが出るまでよくこねるというものだったはずだが、最近は
練らないという主張もあるようだ。

でも、それって、なんだかステーキハウスかなんかの上等の
肉の切れ端で作ってます!系からの主張なんじゃないかしらん。
特売の合い挽きで作るなら、タマネギとかスパイスとかバーッと
入れて捏ねまくった方がうまいの出来るでしょう。

そーいえば、ステーキハウス系のハンバーグって、なんつーか、
上述のようにステーキ用の上等の肉の切れ端で・・・って期待するが、
さぁ?実際にはどうだか?

いっぺんひどいの食わされたことあるしなぁ。

味も大したことなし、焼きも下手やし、だいたい、鉄板の掃除が
なってないやん!付け合わせのしょぼいモヤシが細かい焦げ汚れを
纏って黒ずんでるのは何それ?
塩胡椒ふるのにいちいちしょーもないパフォーマンスでカチャカチャ
音たててる暇あるんやったら、鉄板をいちいちもっと綺麗にしたら
どないやねん!!!!!

とまぁ、実名出さへんのやったら、こういうのも躊躇しません。
ああ、でもあれはほんまにカネ払う値打ちなかったなぁ。

ところで、焼き方だが、極とろ火のスキレットで蓋して、2分~1.5分
毎にひっくり返し乍ら15分ほど焼くという方法に、最近は落ち着いて
います。この方法は、汁が噴火口から流出してこないから良いの。
それに、無駄に焦げないし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ハンバーグって変数が多い気がしてます。

・よく捏ねた方がいいのか。
・パン粉は入れた方がいいのか。
・強火の方がいいのか。

パン粉も肉汁を吸わせるためと言うことになってますが
だったらなぜ牛乳に浸すのか。

そもそもアメリカでは全くつなぎ無しの100%ビーフのパテが主流ですし
それでも十分美味いんですよね。

ハンバーグはお子様メニューとはあなどれない、
意外に難易度が高い奥が見えない料理だと個人的には思ってます。

>けんさん

おっしゃる通りだと僕も思います。
試してみたいことは色々ありますよね。

僕としては、上等の和牛で作ってみたいのですが、なかなか。
普通に焼いて食った方が良かったなんてことになったら、
妻にやっつけられるでしょう。悲惨です。

挽肉をつなぎ無しで丸めたようなのは、近くにある『ブロンコビリー』と
いうステーキ系ファミレスチェーンで出していますが、あれも結構好きです。
ランチで偶に食いに行きます。サラダバーも充実していてお得なんです。

しかし、まだ僕は究極のハンバーグには出遭っていないようです。
思い出す度に恋い焦がれるような、そんなハンバーグに出遭いたい。
やはり、追い求めるべき理想を体験しなければ、方向も定まりませんしね。

確かにこれぞ究極というハンバーグには
出会ったことないですね。
A5等級の和牛使ってますって所で
それなりの値段払っても
まあ、こんなもんかという印象だった気がします。

ブロンコビリー美味しそうですね。炭火だし。
僕が知ってる範囲で通常の値段で食べれる
美味しいハンバーグといえば「つばめグリル」でしょうか。

しかし子供の頃に食べたハンバーグって
なんであんなに美味しかったんだろうなあ。

所詮はハンバーグなのか、それとも?
まだまだ道のりは長そうです。

でもね、やっぱ、ハンバーグに高いカネは出したくないんですよね。
それが僕の意識の限界でもあるわけですが。

『ブロンコビリー』は、お得感があります。ファミレス系のなかでは
一番好きです。いっとき、足が遠のいていたのですが、最近、また使う
ようになりました。
「つばめグリル」、覚えておきます。昼飯に良さそうじゃないですか。

料理の味というものは、料理を食べる側の問題もあるので、ある特定の
年頃でないと感得できない味わいというものも屹度あるのでしょうね。
変わったのは料理の方ではなく自分の方なのだと、そういうことも
あるのでしょう。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク