生シラス

先日、三島駅前の『山田竹次郎』に行ったら、冷蔵ショーケースの
ザルの中に生シラス発見!!なので、久しぶりにGET!
って、それだけのことなんだが、
久しぶりに食った生シラスは素晴らしく美味しかった!

namashirasu_201008_01.jpg

新調したカメラで拡大すればプシプシでピンピンなのが判る。

そうなんだよ。
美味い生シラスの条件は1匹1匹が透き通っていてくっきり分かれてること。
口に入れれば、1匹1匹がプシプシした食感。

namashirasu_201008_02.jpg

もう単に「生で食える」レベルでは満足できないね。
外食でも、これが最低限のレベルでヨロシク!

しばしば、シラスには、生・釜揚げ問わず別の種類の稚魚等が混ざってるが、

namashirasu_201008_03.jpg

こういうのを探すのが、また楽しみでもある。

チリメンジャコの混入物については、今では「チリモン(チリメンモンスター)」という
楽しい呼ばれ方もするようである。今回のには甲殻類の幼生はいなかった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

そういうのを僕はシーフードMIXと呼んでます
もちろんピラフやグラタンには使用しません

>gawaさん、ども。

をーなんか美味そうですな。
まかないでは食べるんでしょ?
うちでは食います。
ゾエアにメガロパ、カニの味はしませんが。。。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク