カツ鍋

学生時代には学食も利用したが、学外に食いに行くことも多かった。
京都の百万遍は学生街であるから、学生相手の食い物屋が幾らでも
あって、よく食いに入っていたのが百万遍北東角の『ハイライト』。
そこでは大抵「カツ鍋」というのを食っていた。

「カツ鍋」というのは、僕の記憶が正しければ、ステンレス製の
鍋焼きうどんの一人鍋の中でカツを、たしかチキンカツだったと思う、
タマネギだか何らかの野菜とちょっと煮込んだのを卵でとじたものだ。
それとご飯でかなり腹が満たされるのでよく食っていた。

ということを思い出し、急に「カツ鍋」が食いたくなったので、作った。

katsunabe_201004_01.jpg

じゃん!
ああっ!!こんなに三つ葉が入ってた訳ないじゃない!!!
それに、うまいけど、きっとこんな味じゃなかったでしょう。

でも、作り方は簡単です。

一人鍋に出汁を入れて、醤油・味醂・隠しの砂糖で調味したところで
タマネギをさっと炊いて、今なら新タマネギいいですねぇ、適当に
切ったチキンカツを入れて、ちょっと煮込んだら卵を流して、三つ葉を
ごそっ!と乗せたら蓋して、ちょっと蒸らして完成。

まぁ、カツはトンカツでもいいのでしょうが、ビフカツでは違う気がする。

因みに、チキンカツはかなり薄いです。

katsunabe_201004_02.jpg

ほれ。もう、ぺらぺら~
でも、安い胸肉を使うなら、ぺらぺらに削いで薄くしたのをからりと揚げて、
衣のサクサクで食うのが答えだなと、そう思ってます。


ところで、妻にも『ハイライト』の「カツ鍋」の話を振ると、知らないと
いうのでびっくりした。「カツ鍋」なんぞ初めて食べると言うんだから。
同じ大学行ってても、捕食活動はかなり違っていたようだ。妻は学食で
すうどんばっかり食っていたというが、ほんとかな?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク