Gras-double a la lyonnaise

トリップと豚タンの続き。

本棚の隅に紙袋があったので開けてみて驚いた。

GrasDoublealalyonnaise_01.jpg

『決定版ビストロレシピ』(柴田書店)

え”~っ!!???こんなん買ってたんやぁ~っ!!
中をパラ見して、もう、ああっ!
豚耳のパン粉焼のルセットが載ってるやん!!!
へぇ~一度油で焼いてからパン粉ふりかけでオーブンか~
とか、あと数日早く気がついていれば・・・

で、上掲書を参考にしてトリッパを料理して食ったのがこれ。

GrasDoublealalyonnaise_00.jpg

ぶっちゃけ、トリッパをタマネギと炒め合わせたもんやけど、
料理書から作り方をコピペするつもりはない。
でも、ワインヴィネガーを加えるというのは、料理書を参考に
しなければ知らなかったことだろう。
因みに、gras-double a la lyonnaise でググると、フランスの
料理レシピサイトを見ることが出来、やっぱ酢を使っている。
で、炒めて強すぎる酸味は飛ばす。セオリーやね。

サラダ風にしてパルミジャーノをトッピングするのは上掲書より。
やっぱ、偶には盛りつけに色気を出してみませんと・・・

これでトリッパは終了。少なっ!!今度はもっと仕込もう・・・
中華風の蒸し物も作って見たいのですよ。京都の『老香港酒家』の
飲茶バイキングで出てくるようなのを。

***

豚タンは、4本も仕込んだので、まだある。
今回は・・・

tontangenovese_201003_00.jpg

ジェノバペーストで和えて、EXヴァージンオリーブオイルをかけて、
パルミジャーノをトッピングしてみますた。これ、かなり正解。

***

因みに上掲書ですが、説明が丁寧で家庭料理用にも使いやすいでしょう。
食いたかったあんなものやこんなものに挑戦できます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

この本私も重宝してます(笑)
去年「料理好きのシロウト」からいきなり「レストランバーの一人シェフ」になったもので、誰にも何も聞けなくて(汗)
今では教科書代わりです。
政さんも購入したなら間違いなさそうだし!!

>kana*さん
お客さんに料理を提供しているなんてすごい!

一時期、目に付いた料理本を適当にホイホイ買ってたことがありまして、
買ったのを忘れちゃうんだからどうしようもないです。

この本に載っているようなお料理は、一昔前なら外でしか食べることの
出来そうになかったものが多いですが、今では様々な食材が素人でも
容易に手に入るようになり、同時に様々なレシピの情報や試作体験談
等もネットで読むことが出来るようになりました。
知識として知るだけでよいものが作れる訳ではないのですが、知らねば
始まらないのも確かですよね。知るだけでブレイクスルーできることも
多いでしょうしね。

いいお料理を作ってください。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク