インド風炊き込みご飯(ビリヤニ)

今月は「エスニック強化月間」にするつもりだったのですが、
2月も半ばを過ぎてまだインド風カレーを3回と、ジャスミン
米を炊いてレトルトのタイカレーとインドカレーを食ったのが
1回と、「強化月間」というにはお寒い現実であります。

でも、先日、その中の1回、「ビリヤニ」というインド風炊き
込みご飯を試したところ、それが美味しくて大ヒットだった。

で、その「ビリヤニ(biryani)」、外で1回だけ食ったことがあって、
それは東京は京橋の「ダバインディア」で食ったんだが、その時は
量の加減が判らんままにアラカルトで色々頼んだら結構な量になって
しまい、腹一杯に押し込んだので、なぁ~んか、腹一杯になったという
印象だけしか残っていないのです。
が、そういう料理があることを知ったと言うだけでも収穫だったとは
言ってもいいじゃないか。知ったから作る気にもなるのだから。

で、作りたいとなればレシピだが、手持ちの書籍やネットを調べ回った
ところ、どうやら「炊き込みご飯」ではないことが判った。
いや、ビリヤニは家庭でも作る料理だそうで、だとすれば、作り方は
幾らでもあって当然なのだが、どうも本式のビリヤニというものは、
我々が「炊き込みご飯」と聞いて想起するような調理法を採るのでは
ないらしい。

つまり、判ったのは、どうやら本式のビリヤニというものは、インド式の
カレーと、それから別途炊きあげたインディカ米を鍋の中で重ねたのを
蒸し焼きにしたもの・・・らしい。
だから、インド式のカレーとインディカ米のご飯の2つを作る必要がある。



そんなこんなで試したみたインド風炊き込みご飯、こんな感じで作ってみた。
尚、大いに参考にしたのは、こちらのサイトです
→『誰も知らないインドカレー』www5e.biglobe.ne.jp/~masala/index.html



んで、先ず、お肉は特売のラム肉ね。鶏肉より面白いし、

biryani_201002_01.jpg

特売だったから。

それに、一応のスパイス類。

biryani_201002_03.jpg

後ろにビリヤニ用のブレンドスパイスがあるけど、それは年末くらいに
買っておいたもの。作ってみる気は以前からあったことはあったらしい。
で、実はこのスパイス、開けてみたら結構でかいんです。何がって粒が。
僕らはこういうものは「パウダー・粉」だと思うのが普通ではないですか?
それがザクサクした粒々レベルにしか挽いていないのでびっくりした。
が、面白いのでそのまま。

それと、ココナツミルクは粉のが便利なようです。

biryani_201002_02.jpg

全量使わない場合には残りの保存もきくしね。缶詰のは残りがあまり
保ちそうにない。

ああ、そうでした。チキンカレーですが、2回目はココナツミルクで
作ったら美味でした。どうやら、僕たち夫婦にはヨーグルトよりも
ココナツミルクの方が相性がよいようです。

で、作り方は省略して、

biryani_201002_04.jpg

カレー完成。

次、インディカ米を炊く。コメはバスマティーにしますた。

biryani_201002_05.jpg

ホールスパイスを入れて炊くといいそうです。
5分ほど茹でたらざるに空けて湯を切ります。

で、鍋の中でカレーとご飯を交互に重ね・・・

biryani_201002_06.jpg

本式にはタンドールで焼くそうなんですが、あるわけないし・・・
だからオーブンを使うのですが、蓋をしてオーブンに入れるなら、
うちにある鍋ならルクルーゼが正に適任。って、カレー炊くのに
使ったやん!って、鍋の底には先ずカレーなんだそうで、底に
すこし残して別鍋にあけて・・・、と。
それと、最上段は必ずご飯だということです。

180度で30分。オーブンから出して15分。

biryani_201002_07.jpg

底からかき混ぜて完成!

試食。

biryani_201002_08.jpg

(゚д゚)ウマー

これは素晴らしく美味しいです。
カレーの香味がご飯に染みて、実に美味しい。

ま、珍しさもあるんでしょうけれども。
ものの評価というのは、珍しさで舞い上がっているうちは
正当に評価できるわけないのが普通で、さらに自己評価、ね。
何度も作って、それが普通になって、本人も冷静でクールに
なって初めて、ちゃんとした評価が下せるんですよ。

それでも、これは美味い。
飽きたらつまらんから、珍しい
ままにしておくべく、滅多に作らんとこうかなぁ?とか。

でも、やはり、ビリヤニ用のスパイスミックスの粒がザクザクと
歯に当たるのが好きじゃないなぁ。取り除きながら食うには、
中途半端に細かすぎるしなぁ。次回はふるいにかけるか。
ああ。因みに、このスパイスミックスの箱にも英語で作り方が
載ってますが、今回の作り方ではないようです。簡略風?かな。

ああ。そうでした。
『ダバ・インディア』では、生のタマネギのざく切りが添えて
あって、それを囓りながら食べてねとか言われたのだった。
忘れてた。そうすれば、また印象も違うか?

ま、そんな感じ!
ビリヤニに関して、何かアドバイスがあったら下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

スタンディングオベーション!大拍手 すばらしい! 鶏肉の煲仔飯つくって、その甘い醤油タレにシヤウッドのカレー粉入れたのかけて、なんちゃってビリヤニしてましたが、恥ずかしい・・w

>匹潮さん

でも、これ、案外と手軽なんですよ。
インド風カレーの時にはインディカ米を炊くので、
あとはそれとカレーを鍋に詰めてオーブンに入れる
だけなんですから。ちょっと一手間だけですし。

それより、煲仔飯って知らなかったんですけど、
調べてみたら美味しそうですね。
一度試してみます。

政さん
カレーの煲仔飯という手もありますね
これは発見だ 笑

やってみました
カレーはひよこ豆のカレーのレトルトがあったので
ジャスミンライスを炊いて、土鍋にカレーと重ね入れてオーブン ふたを開けたときのスパイスの香りがすごいですね これはめちゃめちゃおいしい

> 匹潮さん
ありがとうございます。
レトルトのカレーで作って美味しかったら、手軽でいいですね。
インドカレーのレトルトならMTRというインドの会社のものを
よく見かけますが、結構美味しいので、我が家では数種類
常備しています。
それを使って、近日中にでも試してみます。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク