伊豆産生木耳

先日、『まるい』に行ったついでに『村の駅』に行ったら、

namakikurage_201002_01.jpg

伊豆産の生木耳があったので買った。

生の木耳は、すーぱーでもちらほら見かけるようになった
様な気がするが、けっこういいお値段だったはず。それが
大きなパックにびっしり入っていて手頃だったので、つい。

んで、何を作ろうかと思ったが、家にあった材料で適当に

namakikurage_201002_00.jpg

玉子と木耳とほうれん草と豚肉の炒めもん。

中華の「木犀肉片」ってのにほうれん草を入れた感じね。
元祖「木犀肉片」にも野菜が入るみたいだが、こんなに
野菜を入れることはないのだろうか?

でも、まぁ、いいじゃないか。
玉子とほうれん草は相性がいいのだから。

さて、この料理で僕が思うことは。

ほうれん草は下ゆでをして水にさらして切り分けて、しっかり
水を絞る。最近のほうれん草はアクが少ないから、あく抜きは
不要という意見もあるが、下ゆであく抜き無しなんてやだね。

豚肉はバラの薄切りを使ったが、豚肉はカラリと炒めた感じに
仕上げるのが好きなので、豚肉がすっかりいい感じになって
から白ネギの粗みじんを加えて、生木耳、ほうれん草を加えて
炒める。ほうれん草が熱くなるまで。

玉子の入る炒めもので、時々玉子を先に炒めておいて取り出し、
その他の具材を炒めて、玉子を戻して炒め合わせるというもの
は多いようである。が、玉子以外の具材も多い場合で、更に
家庭のコンロの火力を考えると、玉子が後の方がいいような
場合もあるのではないだろうか?
この料理の場合は、ほうれん草と木耳と玉子について、どれが
もっとも火の入り方に関して厳密さが要求されるかと言えば、
それは間違いなく玉子なので、とすれば、やはりほうれん草
までの具材を先に炒めていったん取り出して、中華鍋を洗って
玉子を炒め、半熟の頃合いでほうれん草等を戻して炒め合わせる
のがよいように思う。

味付けは塩だけで十分。

そんな感じ!

ところで、この生木耳ですが、素晴らしいです。とても美味しい。
コンスタントに売ってるのかな?
行ったときにあれば買います。必ず。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク