担々麺

「担々麺」というと、普通はちょっと辛口で胡麻風味スープの
汁そばを連想すると思うのだが、汁なしが本来の姿らしい。

tantanmen_201001_00.jpg

つまり、こういうのが正当派なんだ、と。

でも、これはインスタントやけどね。

tantanmen_201001_01.jpg

中華三昧の「汁なし担々麺」

わざわざ「汁なし」と断っているところが、日本における担々麺の
主客転倒を物語るのである。って、べつにかまわんけど。

以前、裾野市に行ったときにスーパー『ヤオハン』で見かけたので
購入し、食ってみたら大ヒット!だったんです。だから、もっと食い
たくて方々探したんですが、どうもこの辺では裾野のヤオハンにしか
ないみたいで、でも、裾野なんて基本的に行く用事がないしなぁと。

そしたら、ヨーカドーのネットショップにあったので、ちょっと多めに
購入したという訳。

で、やっぱ、これ、いけてます。
常温保存のインスタントラーメン類では、僕的トップクラスですな。
堂々の1位をあげてもいい位。
インスタントラーメンって、そもそもマニアックではない一般的な
顧客層を対象に開発していると思うのだが、これは無難な味付けから
一歩位は足を踏み出していているように思う。花椒風味が効いてます。

尚、写真の肉味噌は添付されてません。
自前です。冷蔵庫に常備しています。


因みに、「(汁なし)担々麺」を初めて食ったのは東京赤坂の『四川飯店』。
それが美味しかったので色々食ってみたくなったんだが、この辺では、ね。
まぁ、レシピ調べても、そんなに面倒でもないし、材料が特殊でもないけど。


ところで、このインスタント汁なし担々麺を見つけたのは裾野のヤオ
ハンと書いたが、何をしに裾野までいったのかというと、ラーメンを
食いに行ったの。去年だったか裾野駅近くに出来た『ゆき坊』という
ラーメン屋まで。
新規のラーメン屋探訪というのは、ささやかな主夫的娯楽なのです。


そういえば、そこの(たぶん)名物は「油そば」で、

yukibou_aburasoba_201001.jpg

こんなのだけど、これも汁なし麺だから、「本来的担々麺」の仲間と
いえなくもないだろう。結構好きやね。遠いけど、希に行く。
「油そば」ならこの辺では『中川』という店がけっこう前からやって
いたが、選択肢が増えたというわけ。
汁なしラーメンといえば、まだ清水町にあった頃の『卓郎商店』が
やっていたことがあって、あれももう一度食いたいな、と思う。

ラーメン屋に関しては、三島・沼津周辺は結構充実しているようで、
一度はエントリでまとめてみたいと思っている。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク