冷凍エビブロック再び

以前、エビの冷凍ブロックが割安なので買ったはいいが、
個別解凍が出来ずに、エビ強化週間になった話を書いた。
あれはアタマ付きのエビということで、適宜の箇所で
切断小分すると、頭を切断することは不可避であり、
解凍すればエビミソが流出してグロきこと甚だしきは
避けられまいとて、結局、全部解凍したのである。
が、今回はアタマなしのブロックを購入したので、

reitouebi_200911_01.jpg

小分けにしちゃる!そのための冷凍包丁も買ったし!

reitouebi_200911_02.jpg

苦闘十数分・・・

で、結局、糸鋸で切ったのだった。

reitouebi_200911_03.jpg

だって、冷食用包丁って、刃が細かすぎるのかして、
全然食い込みが足りないんですもの!安くなかったのに!
ま、将来的に使い道はあるのでよしとしましょう。

ところで、冷凍エビってブロックで買うと、箱にこんな
記号が書いてあります。

reitouebi_200911_05.jpg

この分数は『業務スーパー』で売ってる箱入りの冷凍エビ
にも付いていたように思う。
さて、この記号は何を表すか?

以前、気になるので調べてみたら、これはエビのサイズを
表しているということで、即ち、ブロック1ポンドあたりに
含まれるエビの個数を表しているということだ。
要するに、数字が小さいほどエビのサイズは大きい、と。

これは16/20なので、1ポンドあたり16匹から20匹のエビが
含まれている。即ち、このブロックは1.8kgなので、約70匹の
冷凍ブラックタイガーが入っていることになる。
で、その三分の一を切り出して解凍したのだから、だいたい
二十数匹のエビが出てくる筈だが、確かにその程度だった。

つーわけで、とりあえず、溶かしたエビで

reitouebi_200911_04.jpg

揚げそばのあんかけでも。

agesoba_200911_00.jpg

ん~ちょっと汁気がすくなかったかもしれん。
でも、既製品の揚げ中華そばに八宝菜をかけるだけ
やから、簡単やね。

でも、八宝菜って、下ごしらえに手間がかかる。

agesoba_200911_01.jpg

ウズラ玉子を茹でてむいたり、キクラゲを戻して茹でたり、
エビとホタテに下味付けて片栗粉コーティングしたり。
白菜の芯と葉っぱは別の切り方やしね。

ところで、こういうのにやたらと野菜を入れたくなるのが
家庭料理の性というか、いや美点なのか?
ブロッコリーだって、偶々冷蔵庫にたくさんあったから
いれてしまったものだし。野菜を食えという強迫観念が
ないといえば、それは嘘になる。

気分的なものとしては、白菜やらそういう日常的な野菜の
量が多いほど、ご馳走感からは遠くなるよね。そうでしょ。
やっぱ、エビとかカニとかホタテとかイカとかアワビとか、
野菜よりも多い方がご馳走でしょう。
外で食う料理は、そうあってほしい。

1食や2食、野菜が少なくても、どぉってことはなかろうに。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク