鶏モモ強化週間「棒々鶏風」

鶏モモ強化週間中なので、ゆで鶏を棒々鶏風にして。

torimomo_banbanji-_200911_01.jpg

これも、本来的にはどうたらと、色々とあるようで。
第一に、蒸し鶏なのか、ゆで鶏でもいいのか?
 
僕はちゃんとした中華料理屋の前菜に出てくるような、
しっとりした蒸し鶏を家でも食いたくて、色々試した。
そして、最終的に行き着いたのは、蒸し鶏ではなく
低温調理の茹で鶏だっだ。そして、保温調理器を手に
入れたので、以来確定状態。蒸さなくてもいいやって。

シャトルシェフの鍋に1%の食塩水を沸かして、白ネギの
青いところと生姜を入れて茹で、火を止め80度に冷ます。
そこへ鶏モモをどぼんと入れて、保温容器で1時間。

その間に、別鍋で付け汁を作る。
スープを塩で飲んで美味しいくらいにまで加減したのを
冷ましておく。

1時間低温調理で茹でた鶏モモを付け汁に浸して冷蔵庫へ。
1日経った頃からが美味しくて、何日保つかは知らない。
個別的事情だから、そういうことは。

ところで、こういうのは、ネット上には類似例が幾らでもあるし、
そもそも、色んなレシピを見たり読んだり作ったりして、次第に
形成されてきたものなので、そういった恩みたいなものを忘れ、
オリジナリティを主張する気はない。

棒々鶏のソースは、おおざっぱには、砂糖酢醤油で練りごまを
溶いたものと言えるようなので、そのように。
と。
そこまできて練りごまがないことに気がついた。
が。
丁度、終わりかけのピーナツバター無糖タイプがあり、
容器ごと流用する。
すり下ろし生姜とみじん切り白ネギ入りの砂糖酢醤油で
ピーナツバターを溶いて、中国風ラー油を加えて練る。

torimomo_banbanji-_200911_02.jpg

新鮮な鶏を使った茹で鶏でも、数日おいておくと鶏臭さが
増していくようだが、棒々鶏ソースはそれをごまかせる。

torimomo_banbanji-_200911_03.jpg

優れた食い方だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク