ぜんまいの炊いたん

zenmai00.jpg


これは主夫にかぎらず、
料理や食に興味のある男性一般に該当することかもしれないが、
買い物先で、旅先で、
TVで見て知った珍しい食材、初めて見た食いもん等を、
使うあてもなく買ってしまうことはないだろうか?
僕は買ってしまうことがよくあります。
買ってしまって、買ったことに満足して、
買ったことを忘れてしまいます。
そしてかなりの時間を経て発見され、
或るものは傷んで食べられなくなっていたり、
また或るものは食えることは食えるが、
それが元来の味なのか否かは不明・・・とか。

そういうことが重なると妻から禁止令がでるので、
定期的にストックを調査しなくてはならない。
今回の「乾燥ゼンマイ」も発掘されたもので、
いつだったか小田原に遊びに行ったときに買ったものだ。
初めて行く土地では市場やスーパーに行くのが楽しい。
知らない食いもんに出会えるから。
この乾燥ゼンマイを買ったのは
小田原の大きなスーパーの地下にある乾物屋だった。
そこは糸寒天も白小豆もあるなかなかの品揃え。
そして僕は「乾燥ゼンマイ」を見てしまったのだった。
値札によると50gで1200円もしたようだ。
「ぜんまいの炊いたん」は僕の好物だった。
父方祖母が山で取ってきて庭先で干していたのを思い出した。
父の実家の法事で山のように出ていたのを思い出した。
おあげさんと一緒に甘辛く炊いたその味を思い出した。
もう30年位は昔の話である。
あの味をもう一度食べたくて、水煮のパックのをを炊いたことはあるが、
あれはダメだ。僕の好きだったぜんまいの炊いたんにはならん。
屹度、あの味は「乾燥ぜんまい」でないと得られない味なんだろうと思っていた。

だから買った。

zenmai01.jpg

買ったは買ったが、買ったことに満足してしまい、やがて忘れてしまったのだった。

今回の発見により、妻から「ぜんまいを炊くように」との厳命が下されたこともあり、
僕もようやく気合いを入れて炊くことにした。
それに妻もぜんまいの炊いたのは好きだという。

でも、正直なところ、乾燥ぜんまいを炊くのは初めてであった。
まず戻す方法からしてわからない。
そこでネット検索である。

前置きが長くなったが、以下、「ぜんまいの炊いたん」の作り方である。

一. 乾燥ぜんまいの戻し方
1. 乾燥ぜんまいを水から茹でる。沸いたら湯を捨てる。
2. 1.をもう一度繰り返す。
3. もう一度水から沸かして、今度は30分茹でる。
4. 蓋をして一晩放置。

ネット検索では複数の方法が呈示されることが多いが、
今回はこの方法で上手くいった。

初めこのくらい(20g)だったのが

zenmai02.jpg

こんなになった(140g)

zenmai03.jpg


あとは出汁で炊くだけである。
zenmai04.jpg


二.戻したぜんまいの炊き方
1. ぜんまいは適当な長さに切りそろえる。おあげさんもそれにならう。
2. 鍋でぜんまいとおあげさんを炒める。
3. 出汁を入れて、砂糖と醤油で調味する。落としぶたをして汁が無くなるまで炊く。

出汁はひたひたになる量。
だから、予め何ccでひたひたになるかを計っておいて、
その分量の出汁を取るようにしたら無駄がない。
味付けは、煮詰まった味を想像して調味せねばならぬのが難しくもあり、
面白くもある。
薄めにしておけば、後で修正ができる。これが煮物のコツだろうか。
しかし、初めからドンピシャリの味に出来た方がいいに決まっている。

完成

zenmai05.jpg


僕が食べたかった味だった。感激。
やはり乾燥ぜんまいでないとダメだったのだ。

もっと食いたいが、あと1回分しかない。
でもね・・・近所には売ってないんだな、これが。

ネットで探すか。


ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとちょっと幸せ。
応援していただけるのならば、下のアイコンのワンクリックをお願いします。


  にほんブログ村 料理ブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 食材
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

漢の料理のisaoと申します。
コメントありがとうございます^^
最初に飛んできて、こちら読ませてもらって「あっ!」と思いました。
私、岩手人なんですよ^^
何か運命を感じます。
我が家でも今の時期山菜料理増えてます。おいしいですよね~。
これからもよろしくお願いしますm(__)m

isao様、いらっしゃいませ。
東北は地の山菜もキノコも豊富なのでしょうね。うらやましい。
また東北に旅行に行きたいです。

主夫同士、こちらこそよろしくお願いします。

ゼンマイ炊きが下手な私

ぜんまいの炊き方むずかしいですね
割烹政さんの炊き方でふんわりできあがるんですね。
私が炊くのはいつもぜんまいがペチャンコになるんですよ
頑張ってみます。
ありがとうございました。

上手に炊けました。

早速夕べからもどしておいたぜんまいを炊いてみました。
とても上手に炊きあがり美味しいのができましたe-319

>とんちゃんさん
ようこそ。

ぜんまい、上手に炊けたそうですね。
当ブログも偶には他人様のお役にたつことがあるのだなと、
ちょっと嬉しいです。

まぁ、こんなのは昔から家庭で普通に作られ続けてきたものなので、
難しいわけがないのです。
ですので、何でも難しく言いたがるとか、何でも最初から簡単に
出来なきゃ嫌とか、そんなことさえ言わなければ、何度か作れば
普通に出来るようになると思います。

何かあれば、またコメント下さい。

そろそろコンスタントに更新をせねばと思っていたところです。

美味しかった。

ぜんまい炊きなんか難しくない?
じゃないですよ~。
今の若い人は 私もですが・・・
戻し方、炊き方が分からない、上手にできないから、ぜんまい料理に手が出ないんですよ。
今回、私はお店に出ているようにほんとに上手にできましたよ。
美味しかったです。

>とんちゃんさん
確かに、知らないものは難しく思えますね。
既に知っている者は知らなかった時分のことを忘れちゃうんですなぁ。

でも、知って作ってしまえば、案外簡単に美味しくできたでしょう?

今はネットで色んな方法を知ることが出来、未知の料理に手を出すことも、
容易といえば容易になりました。
反面、色んな方法、主義主張が一度に飛び込んでくるので、迷うことも
しばしばではありますが。

新潟産乾燥ぜんまい100kあまってます、1キロ16,000円でどうですか。
知り合いなんですが、困っているみたいです。

>渡邊様
ちょっと無理です。
うちみたいな一般家庭には量が多すぎますよってに。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク