栗ご飯

秋に一度は栗ご飯を炊きましょう~

kurigohan_20091003_00.jpg

家で作れば容赦なく!

kurigohan_20091003_01.jpg

バランスを失する程にまで栗を入れることができます。

「バランス」というのは「おいしさ」を構成する重要な
要素であることは間違いはないでしょう。
が、バランスを失したところにおいしさを、何よりも
喜びやらごちそう感を覚えることも、また事実でしょう。
バランスなんてのは高級料理屋に任せておいて、家庭では
下手で下世話な満足に浸りたいとも思う今日この頃です。

ところで、栗ご飯を家庭で炊こうというときに、それを
阻害する最大の要因となるのは、それは屹度「皮むき」、
それも渋皮剥きでありましょうか。

kurigohan_20091003_02.jpg

以前、農水省のメルマガで知った油で揚げる方法
今年も試したのですが、やはりうまくいきました。
ま、油を使うし、はねることもあるので、そういうのが
こわい人には無理でしょうけど。


因みに、栗は地元・修善寺産です。
当地のスーパー等で多く見られるのは茨城産ですが、
直売所等では地元産の栗がちらほらあります。
僕は基本的に地産地消に共感するものなので、そういう
ものは積極的に買い求めます。

伊豆の原木椎茸も出始めたようですー

siitake_yaki_20091003_00.jpg

これはバター焼き
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク