20090903 東北の関西人2009夏 2. 八戸

さて、八戸。

八戸に降り立つのは、今回で2度目で、前回は確か5年前の冬。
初めての東北旅行の際に、青森に行く途中で昼飯を食いに
途中下車したのが最初のこと。

そのときは、里見真三氏の『いい街すし紀行』を参考にして、
『重兵衛』という寿司屋で昼飯にした。
タクシーでぴゅぅと乗り付け、冬の地物をおまかせでタッタッタと
握ってもらった。その地方で「サガ」と呼ばれている白身の
魚がやたら美味かったのを覚えている。

で、今回は、『八食センター』という市場施設の中にある
『市場寿司』という回転寿司屋へGO!

『八食センター』は八戸駅から結構な距離があるのだが、
観光客誘致なのでしょう、新幹線の到着時刻にあわせて片道で
100円のバスが運行されているので便利だった。

さて、『市場寿司』・・・

hatchinohe_sushi_01.jpg

結構人気のある店のようで、平日にもかかわらず10分ほど待った。
案内されたのはテーブル席で、卓上には本日のおすすめ等が。

hatchinohe_sushi_00.jpg

その日は、長大なコンベア上にはあんまり寿司は流れていなくて、
板さんに口頭注文するのがデフォのようであった。

二人でやたら食ったのがウニ。

hatchinohe_sushi_02.jpg

地物のムラサキウニとバフンウニだそうで、ん~6皿くらい
食ったかもしれない。臭くなくて美味いんですもの。

白身では

hatchinohe_sushi_05.jpg

メバルが美味かった。

それから珍しいところでは「バクライ」という

hatchinohe_sushi_04.jpg

ホヤとコノワタの塩からの軍艦とか。

全部美味しかったとは言わない。明らかに外れはあった。
が、まぁ、総じて満足。
でも、食い過ぎたのはいけなかった。使いすぎ。
二人で1万円ほど使ってしまったのだった。酒抜きで。


実は『八食センター』は、我々が訪れた日は定休日で、
何とも残念でした。旅行先では市場に行くのは基本ですから。
で、『八食センター』の中には「七輪村」というのがあって、
市場で買った肉や魚を七輪で焼いて食える施設が併設されて
いることを知って、さらにさらに悔しがったのだった。

これはリベンジしなくては・・・

と思いつつ、100円バスに乗って駅に戻ったのだった。


(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク