東北の関西人2009夏 1. トンビマイタケとハタケシメジの天ぷら

東北に4泊5日で遊びに行ってきました。
新幹線を乗り継いで八戸に入り、バスで十和田湖畔へ。
十和田湖周辺を周遊した後は盛岡を経由して秋田市へ。
その後で仙台に泊まって松島・塩竃に遊んで帰りました。

ん~
どんな内容になるか、どれだけの分量になるのか見当が
つかないので、今回は秋田で買ってきたキノコについて。

と、いうわけで、秋田市の駅前にある『秋田市民市場』で
買って持ち帰った「トンビマイタケ」

tonbimaitake_200908_01.jpg

ちょっと汚いけど、それは秋田の後で仙台に泊まったので、
その分だけ劣化が進んだからで、それでも、見てしまった
以上は、ダメ元でいいやと買ったので、まぁ、いいや。

下処理してみると、キノコ自体の劣化よりも寧ろ、森の
お友達の食害が進んだとみるべきで、石突きの方には
トンネルがいぱーい!!!

まぁ、天然キノコなんか、おおらかな心で接すべきもので
あることは学習済みなので、難なく下処理。

akita_kinoko_200908_01.jpg

手前に見えるのは「ハタケシメジ」で、こっちは食害なし。

で、キノコの美味い食い方といえば、とりあえず天ぷら。

akita_kinoko_200908_00.jpg

ま~、素人天ぷらやからね。それに、僕はあしらいとか
そういうの付ける気がないし、しかも、帰った当日に、
冷蔵庫が空っぽの状態でとりあえず作って食ったんで、
って、誰に対して言い訳してるか意味不明。


うちでは天ぷらは一度に全量を揚げないで何回かに分けて
揚げる。で、このような新規食材に対しては条件を変えて
数回揚げる。そこで得た感想はトンビマイタケに関しては
火をあまり入れない方が美味しく感じた。夫婦共通意見。

他方、ハタケシメジに関しては、強めに火を入れて、水分を
飛ばしてやや焦げ気味にした方が美味しく感じた。

hatakeshimeji_2000908_00.jpg

その結果から想像するに、トンビマイタケは天ぷらより
寧ろキノコご飯にした方が美味かったのではないかしらと、
そういう感じ。

と、いう感じで、東北の旅行記がしばらく続くと思います。
どうぞよろしく。

そういえば、冬の秋田の旅行記が完結しないままになって
いたのを思い出しました。
今回も、さぁ、どうでしょう?不明です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク