箱根西麓ウォーキング(元山中~平安鎌倉古道~蜘蛛ヶ淵~沢地)

久しぶりに晴れた日曜日、午後からではあるが妻と久しぶりに
軽く歩いてきた。
ほんとに山野を歩くのは久しぶり。
なにしろ今年に入ってからは、毎日曜日は天気の悪いことが多かった・・・
加茂川町のJRの高架をくぐり、『キミサワ』の手前を右折。
JR東海道に沿って進む。五十路大橋を渡り左折して下へ。
建設中の陸橋をくぐり抜けて進む。

途中に巨石あり。(クリックで拡大)

Lwalk_01.jpg

『三島七石の鬼石』とある。

Lwalk_02.jpg

ネット上の情報は僅少。

どんどん上って振り返る。(クリックで拡大)

Lwalk_03.jpg

手前の起伏が激しい山は「沼津アルプス」というそうだ。
その稜線は結構人気のあるハイキングコースらしい。
一度歩いてみたいのだが、初夏から秋の休日は避けたい。
真冬の平日なら歩いてみたい。
「沼津アルプス」の後ろは「達磨山」

やがて元山中。ここ一帯は耕作地帯。(クリックで拡大)

Lwalk_04.jpg

こんもりした木々がなんとなくいい感じである。緑がまぶしい。

元山中からは林の中を抜けて沢地方面から帰ることにする。
ちょっと「平安鎌倉古道」を通る。

平安鎌倉古道の説明(クリックで拡大)
Lwalk_05.jpg


昼なお薄暗い、こんな感じの道を抜けていく。(クリックで拡大)

Lwalk_06.jpg

森の香りで満ちていた。
この道をまっすぐ上れば、途中で林道と交差して、
やがて箱根の別荘地に出る。
そういや、一昨年の12月、夕闇迫るこの道を下ったのだった。
あれは面白かった。
今回は途中で分岐を左へ向う。

Lwalk_07.jpg

道は草藪の中へ・・・

しかし、こういう「ちょっとした冒険」がないとつまらん。
安心しろ、妻よ。GPSも25000図もこちらを指し示している。
だが、25000図を信じて何度もひどい目に遭わされているのが・・・

やがて舗装道に出る。
Lwalk_08.jpg


そして林の出口近くで、右へ小道を入り「蜘蛛ヶ淵」という滝へ。(クリックで拡大)
Lwalk_09.jpg


久しぶりなので、ちと疲れた。
でも、沢地のバス停からのバスは1時間待ち。
仕方がないので富士見台バス停からバスに乗る。

約四時間。歩行距離約12kmの軽ウォーキングであった。

でも、正直言って、箱根西麓のハイキングはあまり面白くないな。
生命の息吹が僅少の薄暗い植林地帯に、ゴルフ場による無粋な分断。

やっぱし、ブナ林の天城や愛鷹がええな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク