鶏ハツ焼き

焼き鳥って煙・炎連合軍との闘いであります。
家のコンロだからって容赦してくれない!

hatsuyaki_200905_01.jpg

強い直火でばぁ~っ!と焼いた方が美味いと思うし、
ちょっとくらいは煙に巻かれて燻された方が好い感じ
なんやけど、あとの掃除のことを思うと気が重いわ!

それに換気扇は表に向かって容赦なく煙を吐き続け、
隣近所に若干気が引ける・・・

ので、けっこうイケイケドンドンでのりのり気分でないと、
家で焼き鳥というのは厳しい、僕の場合は。

だから、気分がマイナーなときは、おとなしくグリル
パンで焼いちゃいます。

hatsuyaki_200905_02.jpg

んで、黒胡椒をガリゴリやってオリーブオイルをたらすと、

hatsuyaki_200905_03.jpg

焼き鳥ではない何か別のものになりますが。

尚、きっちり並べるのは撮影用のこの回限りに決まってます。
そういや昔、このグリルパン的な焦げ目の付き方に憧れ
がありました。


ところで、うちで焼き鳥なら僕達は鶏ハツが好き~

でも、近所のキミサワ(スーパー)では鶏のハツとレバーが
ワンセットっになってて、レバー嫌いな僕には辛い。
でも、大場のアオキ(スーパー)はハツだけ売ってるので、
新しいのがあったら即GETします。
鶏ハツは開いて、内部の血の塊を薄い塩水中で洗い流して、
水気をよく拭き取るのが下拵え。脂は取り除かないでおく。

新鮮な鶏ハツの焼いたのは、正肉より美味いかもしれません。
しかも安い!!美味いのに安い!!!これ、最強!!!
尚、味は塩に限りますな。

セセリも食いたいんですが、いいのが売ってないんです。
いちどだけ、業務用の冷凍品があったので買ってみたのですが、
それは臭くて美味しくなくて・・・大量だったので往生しました。
やはり、内臓肉もセセリも、新鮮でないとお話にならんのですなぁ。

んで、JEANLEONの「Magnolia」ってワインを開けた。

JEAN_LEON_Magnolia_200905.jpg

何年か前、ここのメルローのが安くて美味かったので何本か
リピートしており、この蔵元には好印象があったので購入。
千円台の赤ワインとしては極めて美味しい部類でしょう。
バランスがよくストレス無く飲めます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク