ドウマンガニ

さて、『掛川花鳥園』を出た後、我々は在来線で浜松へ。
掛川まで来れば浜松はずっと近いし、折も折、ちょうど
美術館では「石田徹也展」をやっていたし、ついでに
浜松で晩飯食って帰ろうぜ!ということになったのだった。

で、美術館へは閉館1時間前に突入。
あの代表作のヒコーキは、やっぱ羽根のマークが秀逸で、
実物が見れてよかった。

絵画の感想を文章にすることには不慣れなので感想文は無し、ね。
でも、展示されていた創作ノートを読んでみると、へぇ~意外。
考えて描いていたんだなぁ~と。
僕はああいう絵は直感とノリで描いているものだと思っていた。

で、あとは晩飯を食いに。アテはあった。
「花博」の時に浜松で合流した母と妹と一緒に4人で入った
『さわしょう』という和食処というか、ま、割烹やね。
そこで食ったものがみんな美味かったので、再訪した訳。

ちょっと場所を迷ったけれど、無事に到達。
で、食ったもの色々。
観光客だから、お写真撮っちゃった!
それにテーブル席だったしね。

sawashou_200905_01.jpg

まず、刺身盛り合わせ。
白身は平目、赤身はヨコワでいいのかな?
特にトリ貝が肉厚で素晴らしい!!


そして、ドーマンガニ!!
ああ!!!どーまんがに!!
浜松の花博の時に、泊まったホテルの観光案内冊子で
ドーマンガニを知って以来、ずっとずっと、ずぅ~っと
食いたかったドーマンガニ!!!
お品書きにあったからいきなり注文!

sawashou_200905_02.jpg

ちょっと小ぶりだけど、これくらいが美味しいでしょうと。
さて、その味は!!??
ん~予想通りというか、ヅガニ系の味やね、これは。
海のカニ、ズワイやタラバではなくて、ヅガニ、上海蟹系の味。
で、カニ味噌が濃厚で美味い。これも川ガニ系って感じ。
味が濃いので、小さくてもかなり満足。美味かったです。

sawashou_200905_06.jpg

残骸~

ほかに、女将さんオススメの浜名湖のマキエビの素揚げ。

sawashou_200905_05.jpg

殻が香ばしくあがっていて、身はあまく何とも言えん美味しさ
だったので、

sawashou_200905_07.jpg

お代わりした。


あと、分厚い身の太刀魚の塩焼きに、エビしんじょ揚げを食い、
ビールと冷酒。1マン5セン円程度。ほぼ予想通りの御代。

お店の御料理はどれも教科書的というか、直球ストレート系。
そう。和食屋さんは、こういうのがいいんです。僕にはね。
時価とかあるけど、まぁ、バカ食いバカ飲みしなければ常識的な
範囲内に収まるでしょう。美味しいものをちょっとって感じで。
女将さんも上品やし。浜松に寄ったら、また行きたいお店です。

ああ、でも、今度はモチガツオが食いたいなぁ、一度。
食いたいものばかりでどうしようもない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク