生節の炊いたん

久しぶりに炊いた。

namabushi_200904_03.jpg

これって、どうなんだろうか?
今でも家庭料理としてはポピュラーな料理なんだろうか?

僕の子供時代、実家ではしばしば食卓に上ったが、実は
僕はこの料理があまり好きではなかったのだった。
というのは、ちょっとぱさつくでしょう、生節って。
生節にはカツオの生節の他にトンボ節というビンチョウ
マグロの生節もあるが、やはりあのぼそぼそ感が嫌だった。
でも、僕も歳をとり、このようなものを好むようになった。

さて、このblogも一応は御料理のblogなので、作り方を一応
書いてみようかと思います。
当然、我が家風。他の家のことは知らない。

生節は骨を除いて鱗の残りを処理して、適当な厚さに切る。
って、僕の場合は大体1.5cm~2cmの厚さ。
厚すぎると味が染みにくいんですが、まぁ、お好みというか、
各々のご家庭風に適当でしょう、こんなものは。
皮が嫌なら剥いてしまってもいいでしょう。

で、我が家では焼き豆腐と炊きます。教科書的には蕗とか
色々あるんでしょうけど、焼き豆腐がいちばん馴染んだ味。
で、これも生節と同じくらいの大きさ厚さに切ります。

で、鍋の底に生節をならべて、その上に焼き豆腐を並べ、
酒と水を大体半々くらいで豆腐がかぶるくらいに注いで、
そこに砂糖を好きなだけ適当に入れたら火にかける。
「好きなだけ」って、まぁ、お菓子みたいな甘さにはしま
せんが、味見して決めればいいです。って、まぁ、炊いた
ら当然に加減は変わってくるんですが、何度か作れば判る。

namabushi_200904_01.jpg

で、沸いてきたらアクをとって、落としぶたをして、
大体30分ほど炊きます。火加減はクツクツ・・・って感じ。
って、30分後にちょっとだけ汁が減って、豆腐がひたひたに
浸っていたのが、半分強ほど頭を出している感じで。
って、こういうのは、鍋とコンロと内容量の相関関係なので、
やはり各自で個別的対応をするしかないです。

namabushi_200904_02.jpg

最後に濃口醤油を適当に入れる。量は味見をして決める。
尚、この料理は味が濃いめの方が美味しい。砂糖も醤油も。
たぶん。
でも、こんなものに薄味を求めたらあかんでしょ。

で、醤油を入れて味を決めたら火を消して冷ます。
どの程度まで冷ます?お好みの程度まで。

んで、盛りつけて完成。

namabushi_200904_00.jpg

尚、熱いのが食いたければ温めなおす。当然。

ところで、僕はこの汁を御飯にかけて食べるのが好き~
美味いんですよ。それが最強!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

豆腐は焼き豆腐じゃなかったですか??

焼き豆腐

>ガッツマンさん

その通り!焼き豆腐ですよ。

ってことで、焼き豆腐を前提に書いてますが。
以下の通りです。

>で、我が家では焼き豆腐と炊きます。教科書的には蕗とか
>色々あるんでしょうけど、焼き豆腐がいちばん馴染んだ味。
>で、これも生節と同じくらいの大きさ厚さに切ります。

ね!
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク