甘口ワイン

ところで、冷蔵庫も買い換えたので、野菜室の奥に放り込んであった
ワインを整理したら、意外にも色々とあったのでびっくりしました。
こんなのが出てきました。
僕は永遠にワイン初心者なので、全部甘口ワインです。

sweetwine_200904_G01.jpg

ドイツの甘口が特に好きなので、こういうのを買ってしまうのですが、
飲んだら無くなるのでなかなか飲めません。前のワインブームの頃に
読んだ漫画で、その中に出てきたワインコレクターが言っていた
「君はペットの金魚が可愛いかったら、それを食べるのか?」という
趣旨の台詞を思い出してしまいました。

sweetwine_200904_G02.jpg

うぅぅ~ん!黒鷲!!いいですねぇ~っ!
ショッカーみたいでカッコよろしす!!!!

このルーレンダーのTBAなんか、間違いなく美味いと思います。
やっぱ、ドイツ甘口はリースリングとルーレンダーですな。
シュペートブルグンダーのアウスレーゼも気になります。
でも、飲んだら無くなるので、
しかも追加で買えるかどうか不明なので飲めません!
(今、不慮の事故で死んだりしたら、きっと僕は化けて出ます。)

イタリアの甘いのも好きで~す!

sweetwine_200904_I01.jpg

パッシートとか。

sweetwine_200904_I02.jpg

この、ANSELMI の I CAPITELLI は間違いなく美味いです。
なんせ、これで4本目。
(このころは、まだ「レチョート・ディ・ソアーヴェ」ですな。)

ところで、普通の冷蔵庫・野菜室でのワインの保管に関しては、
マニアの間で色んな議論があるようですが、僕はマニアではないので、
そんなのどうでもいいです。よく言われる「野菜の臭いが移る」とかの
障害を感じたことはありませんし、実家の冷蔵庫の野菜室に5年以上も
放り込んであったブル赤とかドイツ白でも、問題なかったです。
(あはは!!味音痴でよかったぁ~っ!)
でも『リアルワインガイド』という情報誌でも、普通の冷蔵庫での保管は、
特に問題なしという結論だった筈ですし、ね。
まぁ、あの記事も、数年、十数年もの間の変化をトレースした訳では
なかったようですが。
ま、少なくとも、室温で夏を越させるくらいなら、冷蔵庫に放り込んで
おく方がはるかにマシでしょう。これに異論はないと思われます。
まぁ、極甘口なんか、マディラ化しても、それなりに美味いですが。

でも、まぁ、あんまり突っ込まんといてください。
僕のワインへの思い入れはこの程度のもんですので。
ワイン談義のお相手はできません。

ああっ!

ワインをフツーの冷蔵庫に保管する最大の問題点を思い付きました!!!

実家の冷蔵庫に入れていたMSRの黒鷲のRieslingの1983er TBA!!!!
母親に飲まれてしまいました!!!!!!!!!!!!!!!!!
飲んでもいいよと言っておいたワインもあったのですが、ワインに興味の
無い母にはどれも似たようなものなのでしょう。
でも、感想が「めちゃくちゃ甘かったで」
って・・・それだけかぁぁぃ!!!!?????

ま、しゃぁないんやけどね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク