真鶴でウミウシ

どうも。風邪ひいて寝込んでます。

ところで、前の休日に妻とふたりで真鶴へ遊びに行きました。
目的は、ズバリ!ウミウシ!!

ウミウシ、特にアオウミウシは子供の頃から憧れの的でして、
いつかこの目でホンマモンを見たいと思いながらも叶うことなく
齢四十を過ぎ・・・

んで、どうやらウミウシというのは春先がいちばん見つけやすい
シーズンらしいということで、運が良ければ真鶴の潮だまりにも
いるんじゃなかろうかということで、電車でgo!してきました。

真鶴の駅から海岸まではちょっと距離があって、バスも走って
いるのですが、駅からは下りなので歩いても大したことはない。
途中の小学校前のバス停の所から階段を降りて坂道を下る。
それが港への近道。

manaduru_200903_01.jpg

海や~


とりあえず昼飯を食うべく、飯屋を物色。
真鶴の魚市場の所には磯料理屋が数軒かたまっているのだが、
その日はある一軒が大盛況だった。というのも、2月にTVで紹介
されたらしい。旅とグルメのお気楽番組で。ずっと前に来たときは
その隣の店が大盛況で、やはりそのときもTVの影響だった覚えがある。
でも、空いていた。

で、僕達は並ぶのは嫌いだし、3度目の『かわはぎ』へ。
刺身定食と煮魚定食を食う。

manaduru_200903_02.jpg

この刺身定食は1,200円だが、非常に満足度が高い。
これに、イカの塩辛と小鉢と味噌汁と飯がつく。
(でも、1,200円のは店の外のメニューにしか載って
なかったみたいな。)

それから煮魚は、嬉しいことにあら炊きで、

manaduru_200903_03.jpg

とても僕には炊けない容赦のない思い切った味付けで、こういうのも
美味いなと。

僕は真鶴が好きで、今まで何度も来て、磯料理屋も何軒か回ったが、
やっぱここがトータルでいちばん満足度が高いかもしれん。

飯の後は、いざ!ウミウシ探しに出発!!

真鶴の魚市場を通り過ぎてなおも進むと防波堤があり、その外は
ずっとずっと岩場が続いている。丁度その日のその時間は干潮で、
あちらこちらに潮だまりができていた。

manaduru_200903_04.jpg

履き物を磯靴に履き替えて潮だまりをのぞき込みつつ移動。

ん~いない~

manaduru_200903_itomakihitode.jpg

ヒトデならゴロゴロいるけど~


と、そのとき!!
うおっ!あれはもしや!!!

manaduru_200903_amehurashi_01.jpg

アメフラシが出たっ!!

実はアメフラシを見たのもこれが初めてだったのです。
でも、妻には感動がないようで・・・何度も見たことがあるって。

しかし・・・
この後すぐに初めてのアメフラシの感動は、すぐに陳腐化した。
だって、あちらこちらにゴロゴロいるんですもの。

でも、アメフラシって可愛い。

manaduru_200903_amehurashi_02.jpg

頭をうねうねふりながらのらりくらり動く姿がなんとも言えん。

それにしても、まだウミウシは見つからない。
ほんまにいるんか?
と、そのとき、妻に呼ばれたので行ってみると・・・

manaduru_200903_aoumiushi1.jpg

いました!!正にアオウミウシ!!これぞアオウミウシ!!!


初めて見たアオウミウシは、本当に青色に黄色のストライプと
オレンジ色の触角と、お尻に小さな花びらのような鰓があり、
なぜ、このような色彩の生物がいるのかと。ほんま、なにが
どうなってこんなことになっているのやら・・・
ああ、すごい。

もう1匹、妻が見つけた。
こちらの方が撮影条件が良かったみたい。

manaduru_200903_aoumiushi2.jpg

これ、水面から海中を撮っただけやけど、なかなか綺麗に
撮れたと思う。晴天で風もなかったしね。ラッキーやった。
でも、随分と小さいんやね。思ってたよりずっと小さい。


1時間半ほど探し回った結果は、妻が見つけたアオウミウシ
2匹のみで、他の赤やら緑やらのウミウシは見つけることが
出来なかった、けど、アオウミウシが見れたからいいや。

その後、在来線で横浜へ行きますた。
中華街で食材購入と晩飯食う為に。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク