秋田の関西人2009 5. 田沢湖周遊タクシー

『道の駅阿仁』を後にして、比立内駅から内陸線に乗り込んだ
我々が次に降りたのは松葉駅だった。

natsubaeki_200902_01.jpg

田沢湖の東側にある『駒ヶ岳温泉』に投宿するためである。

ところで、水沢温泉郷や乳頭温泉郷へのアクセスは、田沢湖駅から
バス・タクシー等を使うのが一般的だろう。そして確かに我々も
前回、前々回とも、田沢湖駅からバスを使って温泉郷入りした。
だが、今回、特に秋田内陸縦貫鉄道の松葉駅で降りたその理由は、
「田沢湖周遊タクシー」の存在を知ったからである。

今回、僕も最初は森吉山で樹氷を見た後は内陸線で角館まで戻り、
バスなりJRを使って田沢湖駅まで行って、そこからまたバスで・・・
というルートを考えていたのだが、それだと温泉到着が遅くなる。
道の駅に寄っていると更に遅くなり、ああ、道の駅に寄るのは
断念せざるを得ないのかと思っていたところ、ネットを徘徊中に
ふと目にした「田沢湖周遊タクシー」の案内。

詳しくはでネット検索すればpdfファイルの案内がすぐにみつかる
でしょうが、これも所謂「乗合タクシー」で、内陸線の松葉駅から
田沢湖畔を通って水沢温泉郷~高原温泉郷~乳頭温泉郷まで運んで
くれる。しかも乗合タクシーだから価格は格安。運行は2名からで
事前に予約が必要だが、角館を回っていくよりも安いし速いので、
これはもう利用するしかない!
田沢湖駅から乳頭温泉行きのバスって、過去2回の経験から、
あれは結構混むんで、出来れば乗りたくないなぁと思っても
いたのだった。
地図を見れば、松葉駅の東の山をちょっと越えるとすぐに田沢湖
なんだね。雪国って道路の除雪が行き届いているので、クルマさえ
あれば、そりゃここから山を越えるでしょう!って感じ。

という訳で、
田沢湖周遊タクシーのおかげで、樹氷見物の後に道の駅に行き、
余裕で投宿先の『駒ヶ岳温泉』に行くことができたのでした。
こんな便利な乗合タクシー、観光客はどんどん使おう!
だって、僕が次に行く時にも存続していて欲しいもんね~

で、かなり楽~に『駒ヶ岳温泉』に到着。
で、とにかく温泉!ってんで、貸し切り露天へ直行!!

komagatakeonsen_200902_01.jpg

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク