秋田の関西人2009 2.秋田内陸縦貫鉄道

角館から秋田内陸縦貫鉄道に乗る。
この鉄道、名前の通りの鉄道で、秋田県の内陸部を北から
南まで縦に貫いている鉄道路線。

内陸線に乗るのは2回目で、1回目は2007年の2月のこと
あのときは鷹巣から角館まで乗ったのだったが、今回は
角館からスタートして、途中の阿仁合(あにあい)という
駅で降りる。

nairikusen_200902_01.jpg

線路は単線、車両はディーゼル。

途中からは、期待通りの雪景色。

nairikusen_200902_02.jpg

そう。これですよこれ!

nairikusen_200902_03.jpg

nairikusen_200902_04.jpg

こういうのが見たくて、冬の東北に行きたいの。

nairikusen_200902_05.jpg

1時間半ほどで阿仁合駅に到着し、

nairikusen_200902_06.jpg

『樹氷ライナー』にのる。

この『樹氷ライナー』というのは、森吉山の樹氷の期間中、
地元のタクシー会社(阿仁タクシー)が運行している、所謂
「乗合タクシー」。要予約で2名からしか走ってくれないが、
阿仁合駅から阿仁スキー場のゴンドラ駅まで片道1000円/1人。
利用しない手はない!というか、選択の余地はない。
樹氷期間の土日祝だけ路線バスが走っているそうだが、
我々が行ったのは平日だったしねぇ。
普通にタクシーに乗ると5000円位かかるそうだし。

そういえば、内陸線も土日祝のホリデーフリー切符ってのを
売っていて、角館からの往復が乗り降り自由で1000円!!!!
だったのだが、これも関係なかった。
のだが、我々が帰った後で、このフリー切符の適用日が平日
にまで拡大されたじゃない!あと1週間早くしてくれよぉ~。

阿仁の町をタクシーはあっという間に通り過ぎる。
昔は銅山で栄えたそうだが、今はその名残の遺物をわずかに
留めるだけのようだ。

タクシーで約20分くらいで阿仁スキー場のゴンドラ駅に到着。
帰りの「樹氷ライナー」の予約をして、いざ!


moriyoshi_200902_01.jpg

脱力系~♪

ところで、僕はスキー場って行った記憶がほとんど無くて、
うぅ~ん・・・小学生低学年の時に叔父に連れて行って
もらった覚えがあるが、まぁ、基本的にスキー場を知らない。
が、まぁ、平日とはいえ、空いててのんびりしているなぁって。
後で知ったのだが、この阿仁スキー場も、来年度の開業が危
ぶまれているそうだ。何故「も」なのかというと、内陸線も
何度も何度も存続がアブナイ危ないといわれているからだが。

話を元に戻す。
樹氷はそこからゴンドラ、というか、ロープウェイに乗って
行くのだが、このゴンドラの長さが全長3.5kmもあり、所要
時間は十数分!

moriyoshi_200902_02.jpg

moriyoshi_200902_03.jpg

上の駅が見えてきた。

moriyoshi_200902_04.jpg

なんか、天候、やばくね????


(続く)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク