天城のおみやげ

天城峠から伊豆長岡迄の道中で買って帰ったもの

1. 『道の駅天城越え』内 『天城わさびの里』

山葵と山葵の花茎

mitinoeki_wasabi_200901_01.jpg

この山葵、これで550円。それから、花茎は1束350円。

ところで、山葵の花茎(普通の茎も)の食い方だが、我が家では
山葵の菜飯というか、茎御飯というか、まぁ、御飯に混ぜて
食べるのがベストということで、一件落着中。

wasabi_hana_200901_01.jpg

作り方は、適当に刻んで塩もみして、

wasabi_hana_200901_02.jpg

ぎゅん!と絞ったのを炊きたて御飯(←これ、重要!)に混ぜて、

wasabi_hana_200901_03.jpg

しばらく蒸らすと完成。

山葵の香気と刺激がすがすがしくて美味です。

なぜ、この食い方がベストと思うのかというと、茎の醤油漬けや
三杯酢漬けなら、既製品でもかなり美味いものがあるので、
わざわざ家で作らなくても・・・
反面、この御飯は、家でなければ食えないし、この香りと味は
作りたてでなくては味わえない。
だから、山葵の茎は、家で食うならこれ。

んで、山葵の茎の美味しい加工品は、例えばこれ。

nakaseruze_200901_01.jpg

醤油漬けは、まぁ、そのまんま醤油漬けなんだが、もう一方の
『泣かせるぜ!』って、ネーミングは正直アレなんですが、
味はいい。内容は上芽の三杯酢漬けだが、山葵の「上芽」って何?
山葵本体の上部、茎の付け根の中心部には小さな芽がピンピンと
生えているんだが、『泣かせるぜ!』にはその部分がいっぱい
入っていたので、要するに山葵本体上部の小さな芽の周辺を
「上芽」と呼ぶんだろうと、そう思う。

nakaseruze_200901_02.jpg

味は結構刺激的。でも、二つともアフターに嫌みがない。
原材料欄もスッキリサッパリ。

と、いうわけで、
みなさん、『道の駅天城越え』では山葵を買いましょう。
俺、伊豆の山葵を露骨に応援。

あとさー、せめて伊豆の寿司屋・和食屋は地元産の本わさび
使えよなーと、本当にそう思う。
そのうえで「当店では地元産の本山葵を使っています」って
宣伝すればいいじゃないか。嘘は絶対にダメだが。
で、目の前ですり下ろしてみせればいいのだ。
観光客はそういうものになびく。
当然、本わさびが泣くようなお料理を出しているようでは
お話にならないが・・・


2. 『道の駅天城越え』内 『たけのこかあさんの店』

ここは湯ヶ島のご婦人方による「生産者直売所」で、農産物や
農産加工品を売っているんだが、今回、買って帰ったのは
わさびの茎。

amagi_takenokokaasan_200901_01.jpg

先のとちょっと重なるんだが、間引きなのか何なのかしらんが・・・

amagi_takenokokaasan_200901_02.jpg

わさび本体付きでこんなに付いてきた。1束350円を2束。

茎は勿論「わさび菜飯」で、本体は当然、山葵だから、
山葵として使う。


3.『狩の川屋』の「うるか」、「子持ち鮎」

概出
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

政さん、ウォーキングお疲れ様でした。我が家でも昨日久能山へ参拝に行ってきました。やはり山登りは階段よりも山道に限りますね。
ところで、山葵の花茎の菜飯おいしそうですね。今度産地直売所で売っていたら買ってみます。安倍奥も天城に負けず劣らずの産地ですから。
三島のコロッケとか網代のイカメンチとか、富士宮焼きそばに続けとばかり行政やら観光商工団体が盛り上げようとしてますが、山葵とかしいたけとか干物とか昔ながらのおいしいものをしっかりと宣伝して本物の味を広めていってもらいたいですね。個人のお店の本物と大手メーカーの物との違いって値段以上の差がありますから。

SUZYさん

山葵の菜飯は、ほんと、美味しいです。お試し下さい。
阿倍奥が、静岡の山葵の本来の発祥地でしたっけ?
一度行ってみたいのですが、クルマがないのでなかなか・・・

一昔前は、観光地の土産といえば、その土地と何の関わりも
ないような陳腐でありきたりなとってつけたようなモナカ・まん
じゅう類が幅をきかせていましたが、
って、いまでもそんな感じですが、最近は所謂「直売所」が出来て、
漸く観光客にも当該土地のホンマモンを土産に買い求めることが
容易になってきました。

それにしても、どうも伊豆の人たちは商売っ気が無いというか、
のんびりしているというか、もっと宣伝すればいいのにと思います。
あの「泣かせるぜ!」だって、山葵+泣かせるぜでググると、
いきなり僕のブログがトップにでてきちゃいます。2日前に書いた
ばっかなのに!

宣伝上手なだけで、たいして美味くもないしょーもないもんが
売れていることもあるんですから、もっと生産者自ら自信を持って
アピールしたらいいのにと思っています。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク