活けカワハギと生ウニ

久しぶりに海鮮ちらし作ろうと思って、三島駅前の魚屋
『山田竹次郎商店』に行ったら、あてにしていた超!!
お買い得の刺身の盛り合わせが無かった。
が、水槽に大きめのカワハギが数匹泳いでいたので、
そこから2匹、活け締めにしてもらい買って帰った。

kawahagi_20081206_01.jpg

で、

kawahagi_20081206_02.jpg

分解終了!

活けのカワハギとくれば、何をするかは決まったも同じ。

kawahagi_20081206_00.jpg

お造りですな!

勿論!

kawahagi_20081206_03.jpg

肝添え!!!!


これがなければカワハギの造りとはいえねぇぜ!!!!
うぅ~ん!切り口の角が立っている。新鮮!!!!

で、

kawahagi_20081206_04.jpg

まぁ、こんな感じに適当に食う。


で、アラと残りの肝はさっと炊いてくう。

kawahagi_20081206_05.jpg

外で2匹、こんな感じで食ったら、幾ら取られるやら・・・

で、一緒にウニも買って帰ってたので・・・

uni_20081206_01.jpg

これまた適当に食う。

uni_20081206_02.jpg

飯は酢飯。


酢飯にはちょっと変遷があって、かつては鯖寿司用の配合で
作っていんだが、それではやっぱちょっと味が濃すぎるという
ことで、今では米2合に対して、酢40cc、砂糖大さじ1、塩小さじ1
という割合になっている。


ところで、山田竹次郎で売っている生ウニが美味くてリピートして
いるのだが・・・

uni_20081206_03.jpg

この『羽立水産』って、調べてみたら結構有名な業者なんやね。

生ウニの味は、要するに加工業者の味なんやし、寿司屋も料理屋も
買ってきて使っているだけなんやから、だったら家でいいのを食っ
ても同じやね。だから、僕はあんまり外でウニを食う気にはならない。
そりゃぁ、まぁ、同じ加工業者の製品の中にもグレードはあるんやろう
けどさ。基本的に、生ウニは家で食うてたらええと思うわ。

いまだに「ウニ」ってだけで強気の値付けやったりするし、それが
まずかったりしたら、さぁ、どうしてくれよう・・・って感じ。


おまけ

カワハギの中のカワハギ

kawahagi_20081206_06.jpg


って、カワハギの形からは想像できない形!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 魚さかなサカナ~♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん。
気づかないでスミマセン。

出汁巻きって、やはり難しくて、久しく作らないとやはり下手くそになっているので、
ホント、嫌になっちゃいます。
僕の場合は、妻にも食べてもらうので、やはり、エエカッコがしたいので、それが
料理の励みにはなっています。

またコメント下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク