甲斐の関西人 最終回 鳴沢村

河口湖の駅前からバスで鳴沢村へ行く。
目的は、ズバリ!天然キノコを買うこと!!!
緑の休暇村というバス停で降りて少し歩き、ネットでアタリを付けておいた
天然キノコ屋に行く。途中、道の脇には「不審者は全村放送で通報します」
などと、ものものしい立て看が有ったりするが、あれはきっとキノコ等の
密漁というか密漁というか、まぁ、そう言った類への警告だろうか?

さて、キノコ屋。
その店は通年で常設してはいるようだが、店舗と言う
よりは天幕で、中に棚をしつらえキノコを並べて売っていた。
こちとら、天然キノコの姿も形もまるで判らないので色々と質問し乍ら選ぶ。
前日に『奈良田』で食った鍋の中にあった美味いキノコ、傘の下がヒダではなく
スポンジ状で、炊くとぬめりが出るものはないかと尋ねると、それはハナイグチ
と言うキノコで・・・と、奥から出してきてくれた。
なんやかんやで、結局4種類のキノコ、ハナイグチ、クリタケ、ムキタケ、そして
チャナメツムタケを買って帰る。
値段は結構した。
が、相場を知らないし、僕たちには採集して選別する能力もないし、安心料込みと
思えば、まぁ、そんなものだろうか?釣りと同じで、食材として手に入れたいだけ
ならば、業者から購入するのが確かで、結局はリーズナブルになるに違いない。

キノコ屋の後は、すぐ近くにある『道の駅なるさわ』に寄る。
行楽の際には、もし近くに行く機会が有れば、『道の駅』の類の施設に立ち寄るのは
今や常識でありましょう。
『道の駅なるさわ』にも天然キノコがあったが、まぁ、とりあえずキノコはいい。
他の観光客の奥さん方も、「あら?天然キノコ」と手には取るものの、どう料理
していいかわからないとかなんとかいいながら、結局買う人を見ることはなかった。
あの「クロカワ」も売ってはいたが、うん、昨日、気に入っていたなら買っただろうが、
とりあえず好みじゃなかったのでパス!

結局、その道の駅ではコケモモとヤマズミという木の実を買って帰った。
(今、果実酒として正に漬け込み中~)

道の駅の背後には富士山が

narusawa_01.jpg

どどーんと見える。

普段見慣れている富士山とはまるで違う姿で、特に森林限界が高い。
御殿場側はかなり下の方から砂礫ばっかりが広がっているが、山梨側はずいぶん
上の方まで緑色だ。御殿場側は宝永火山の噴火の影響を受けたからそのように
なっているということらしいので、山梨側が富士山本来の姿なのかもしれないが。
でも、どちらかといえば、僕は南側から見る富士山の姿、山腹にぽっかりと宝永火口が
口を開いている姿の方が好きだ。
横山大観だったか、宝永山だか宝永火口の存在が気に入らなくて、宝永山の見えなくなる
三島~沼津間の富士山がいいとか、達磨山からの富士山がいいとかなんとか言ってたらしい。
が、あの宝永山、宝永火口の存在が、富士山の眺めに複雑さを付与し陰影を投げかけるので
あって、もし富士山に宝永火口がなければ、きつと単純で物足りないのではないか。
たぶん、人間も人生も、そういうものだと思うぞ。大観は理想主義者、か?つまらんよ。

『道の駅なるさわ』の敷地内には『富士山博物館』というのがあった。
この施設、古い情報によるとかつては有料だったらしい、が、今は無料というので
入ってみた。入るといきなり暗くて、緩やかなスロープを下っていくと、行く先の方から
「がおぉぉぉ~ぴぎゃぁぁぁ~ぴぎぃぃぃ~」と動物だか獣だか、なんだか判らない
雄叫びが聞こえる。と、その先に待っていたのは

narusawa_02.jpg

巨大なティラノサウルスの動く張りぼて!!!!

なかなか迫力があって、面白いのでしばらく見ていると、やがて動かなくなり、
雄叫びも止んだ。安心の省エネ設計ですな。でも、この前を通らなければ先に進めないので、
こりゃぁ~小さな坊ちゃん嬢ちゃんなんか怖がってしまうんじゃないかしらんと思ったら、
しばらくして僕達が先の展示場にいるとき、後から入ってきた家族連れの小さな子が
「恐竜が来るよぉ~ぴぎぃぃぃ~」と吠えていたので、あぁ~やっぱ効果テキメンじゃん!
まぁ、子供はちょっとくらい怖がった方がいいんだ。
で、博物館の出口には、宝石商が出店していて、山梨特産という水晶の宝飾品を売っていた。
無料になった理由はこれだね。きっと。

バスに乗り遅れるとヤバイので、少し早めにバス停に行くと、20分も遅れてきやがる。
その日は、河口湖駅から三島への直通バスはもう終わっていたので、御殿場で乗り継いで帰る。

三島から東海道線+身延線で甲府。甲府からバスで河口湖~御殿場、そして三島。
丁度、富士山の周りを1周したことになる。なかなか面白い行楽旅行だった。


旅行記はここまで。次回は買って帰ったキノコで作った料理をご紹介
うん。時期は過ぎちゃったけど。ね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク