甲斐の関西人 3. (甲府~富士河口湖町)

2日目の目的地は富士河口湖町、そして鳴沢村。

移動は甲府の駅前からバスを使うのだが、ホテルを少し早めに
出て、甲府城址を見学した。
といっても、天守閣はなく、石垣があるばかりなのだが。

kouhujou.jpg

高いところから眺める甲府市は、普通に都会だった。
首都圏との交通は良好の様だし、結構いい場所なのだろう。
でも、ぐるりと山に囲まれているのは、正に教科書的な盆地で、
京都も奈良も盆地だが、甲府には敵わない。って、意味不明。

駅前でバスを待っていると、河口湖から来たバスが到着した。
そのバスの車体は観光バス仕様で、結構快適そうじゃないかと
期待していたら、それと入れ替わりに入ってきたのは、
あはははは!オンボロやんけ!
え”~?こんなんに1時間も乗るんかぁ?って感じ。

バスは137号を行く。途中の御坂というところを通ったのだが、
そこは見事に葡萄!葡萄!!葡萄!!!
店の前に大きな葡萄棚を作って、というか、葡萄棚のあるところに
店舗を作ったというのが正しいのかもしれんが、葡萄の産直だらけ。
面白いのが、この辺の直売所の葡萄棚はやたら背が高くて、1階建て
家屋の屋根くらいの高さがある。

misaka.jpg

何で?泥棒対策??観光客向けディスプレイ?

葡萄園地帯を抜けると、次はキノコであった。道路の両側にキノコの
露店がちらほらとあって、店頭に並べられた籠の中には、なにやら
キノコらしいものがみえた。
盛り上がる我々。そう。だって、その観光行楽物見遊山のメイン
テーマは「天然キノコ」だったのだから。
ちょっとバスを降りて覗いて行きたい感じ。
でも、そうはいかない。
河口湖の駅前で昼飯の予約を入れてあったから。

バスは御坂トンネルをぬけてやがて河口湖畔へ。
河口湖畔は、なんともガチャガチャした観光地仕様の街で、しかも、
やたらと「ほうとう」の看板が目立ってあちこちにある。
なかでもひときわ目立つのが、あの情報番組常連の長大リムジンを
擁する店で、へぇ~って感じ。

まぁ、河口湖畔の観光地仕様の街には何の魅力も感じないが、ただ、
富士山の眺めだけは実にいい。

kawaguchiko.jpg

やがて、バスは河口湖の駅前に到着。
予約してあった『CASA OSANO』 というイタリアンへ向かう。

『CASA OSANO』は住宅街の中にポッと突然あった。靴を脱いで入る。
テーブル数は少ない。そうね。ちょっと広めの応接間って感じ。
料理はコースのみ。予約時に嫌いな食材、アレルギー食材について
聞いてくれるのはいい配慮だと思う。
我々が選んでいたのは。3800円の生パスタのコース。出てきたものは、
あれ??ちょっと忘れたぞ??
あれ???
確か、アンティパストが生ハムで、パスタが富士山麓の天然キノコと
ほうれん草と自家製秋刀魚の燻製のナンタラカンタラで、パスタの色が黄色い
のは食用の蘭の花のナンタラカンタラを練り込んであるからですよで、
メインが豚をスキレットで焼いたのを、沖縄のナンタラカンタラというハーブで
包んで休ませて香り付けしましたってので、甘いのが盛り合わせで、
うん、良し。

パスタ、美味かったんやけど、量が少ない。もっと食わせろ!って
感じだったのだが、肉まで食ったら、あぁ~ら!丁度いいかも?
全体としてまとまりの良い、満足度の高いお料理でした。
うぅ~ん、良し。

それと、ワインだが、ハーフボトルの種類が多くて、我々のように
ワインは飲みたいが1本は無理!って客には嬉しい。
でも、知らんのが多くて、って、僕はDOCGだって全部は知らんが、
って、イタリアワインなんか種類も蔵元もやたら多いのに、そんなの
マニアでもなければ判らんでしょう?ってことで、適当に選んだら
それが美味くて。えーとね、フードライナーが輸入しているsalice
salentinoってDOCの赤で、蔵元とか忘れた。でも、インポーターと
DOC覚えていたら、後は何とかなるでしょう。見たら思い出す。

店を出る時に、マダムに駅までの近道を教えてもらう。
次はもう迷わないだろうが、河口湖、次はいつ来れるやら?
でも、再訪したい店やしね。
ほんま、三島の周辺にもこんな感じのイタリアンがあればいいのに。
フレンチは、今や迷うくらいやねんけどね。
僕が三島に来る前には、良い店があったらしいのだが、
でも、東京に行っちゃったらしい。
はっきり言って、
いい加減、イタリアン=パスタとピザ的な古くさいstereotypeからは
解き放たれて欲しいし、ねぇ?この料理のラインナップに、このワイン
リストは要らんのとちゃいますか?とか、そんなことを思ったことも
あったかもしれない今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか?


駅前からバスで最終目的地の鳴沢村へ向かう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

salice salentino

サリーチェサレンティーノは最近ではいろんな蔵元のものが売っていますね。ハーフボトルは見たことがないのですが。安くて美味いワインというイメージがあり、よく飲みます。これを造っている地域(サレント)に一度行ったことがあり、何となく親しみがあります。

ども。ご無沙汰でした。

このDOCって、ぜぇ~んぜん知りませんでしたな。
確かに安ウマでした。あれなら、売ってたら買うなぁ。
って、こっちやったらどこで買うねん????
東京行ったら探します。
って、通販の方が早いか。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク