天然キノコ

先月末の旅行中に買い求めて、帰宅した翌日に調理して食ったので、
全然タイムリーではないのですが、載せちゃいます。

と、いうわけで、
福島県の景勝地「塔のへつり」で買ってきた天然キノコ3種。

これは「沢もたし」って売ってたけど、標準和名は「ナラタケ」。
秋田に行ったときに買って帰った「さもだし」と同じでしょう。

sawamotashi_01.jpg

ちょっと
色が変わって汚くなったけど、まだ食えないことはない。

それから、ホウキタケと、あと、名前を忘れたよくわからんキノコ。

houkitake_01.jpg

シメジっぽいけど、何でしょ?

で、子細に観察してみると、ホウキタケには細かい穴が開いていて、
虫が入っている。まぁ、天然キノコにはほぼ確実に何らかの虫が
いるそうなので、下処理をネット検索すると、ぬるめの塩水に浸して
等と有益情報を得たので、それに従う。ネット検索万歳!

そいえば、10年以上は昔、デパートのイタリアンフェアで買い求めた
イタリア産の生ポルチーニにも、お客さんがボンジョルノだったわ。
みんな好きなんだなぁ~

シメジっぽいのは、虫害は無かったが砂まみれなので、水で1本
1本洗う。よく言われるのが、キノコの下処理には水を用いては
ならないということだが、無理。

simeji_01.jpg

栽培ものならいざ知らず、砂まみれ埃まみれ泥まみれおきゃくさん
こんにちはってのに、水を使っちゃダメって、それは無理です。
本場の三つ星レストランならいざ知らず・・・

で、どう料理して食ったかというと・・・

沢モタシは味噌汁

sawamotashi_00.jpg

・・・う~ん・・・地味だ。ま、これは普通に美味い。

ホウキタケは天麩羅

houkitake_00.jpg

これは最強でした。もっと食いたい。

シメジっぽいのはバター焼きで。

量少なっ!!!
simeji_00.jpg

どうでもいいけど少なすぎるぜ。
美味かったけど。小さいくせに香りが濃厚で。
前歯でサクサクサクって食ってるだけで終わっちゃった。

以上、あっけなく終了~

でも、やっぱ、口いっぱいに入れて、奥歯でかみしめて食わないと、
味なんてものは判らんのとちゃうかな?


そういえば、去年、山梨に11月に行って、天然キノコを食い損ねた
ことを思い出した我々。リベンジ熱が盛り上がってまいりました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

秋は本当に食べたくなる食材ばかりで困ってしまいますね。特に天然のきのこはこの時期しか食べることができないですから。秋のきのこと言うと松茸とポルチーニばかり目にいってしまいがちですが、どっこい訳のわからない地のきのこがおいしいですね。ただ難点は、食べさせてくれるお店が近所にないのと、買ってきても鍋とかの当たり前のものしか作れないこと。三島の近くだと富士山周辺がきのこのメッカだそうで、須走り口5合目の「東富士山荘」という山小屋が良さそうです。が、ちょっと遠いですが・・。八ヶ岳だと「仙人小屋」が有名ですがシーズンは激混みです。

>SUZYさん
いやぁ~天然キノコはいいですねぇ。
須走口五合目って、クルマがないといけないんですよねぇ。
御殿場でもザクザク採れるはずが、確実に食わせてくれる
店の情報はネットでは見つけられないでいます。
御殿場と三島の距離を考えると、三島市内でも食わせて
くれてもいいはずなのに、全然知りませんしね。

というわけで、日曜に山梨県甲府方面に天然キノコ行脚に
行ってきます。
きっとブログのネタにしますので、お楽しみに!
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク