秋刀魚の塩焼き2008

我が家でも秋刀魚を食べ始めました。

sanma_sioyaki_2008_00.jpg
うちでは二人とも秋刀魚のはらわたを食べないので、
予めわたを出してしまい、更に骨を取ってしまいます。
中骨を外す位のことは何でもないが、細かい腹骨を
取っている間に冷めてしまうのが悲しいので。
僕は腹骨を取ればそれでいいと思うのだが、妻は更に
血合い骨まで取ってくれと言う。そうなると、中骨を
外さざるを得ない。

sanma_sioyaki_2008_02.jpg
ちょっと減耗が生じるんだけど、まぁ、いいでしょう。

そうして、これを閉じて、串で縫い合わせて焼く。

sanma_sioyaki_2008_03.jpg
去年は三枚におろしていたのを、変更。

僕は秋刀魚は強めに焼いた方が美味いと思うのだが、
こうする方が水分が飛ばないのか、美味しい。

本当は、魚の骨を予め取り除いておくというのは「食育」の
観点からは非常に好ましくないのではあるが、今更。
だが、骨のある魚を食うことは、大して難しくはない。
骨格やら筋繊維の流れを見ていれば、自ずから箸の先を
滑り込ませる部位が判る。「ここから食べてね!!!」と
言われてる気がして、それに従っていれば自ずから綺麗に
食えるというわけ。勿論、美味いことが大前提だが。

それに、骨のある魚、鯛のあら炊き等を上手に食べると、
割烹なんかでは、大将の覚えもめでたきという特典が付いてくる!
やったぁぁぁぁ~っ!!!
料理人の歓心を買いたければ、陳腐な蘊蓄を開陳するよりは、
出された骨付き魚を綺麗な骨格標本にする方がはるかに効果的。

って、まぁ、そんな効果を期待して食うものではないが。

でも、やっぱ、秋刀魚は骨がない方がいいや。腹骨が嫌。

それから、西洋料理で骨付き魚を、特に丸ごと1匹をナイフと
フォークで食わされる場合。イタリアンのアクアパッツァだか、
あんなものをどうやってナイフとフォークで食えというの?
例えばヒレの付け根の肉なんかが美味くて大好きな部位で
あるのに、ナイフとフォークで精妙に食えるのか?
スープの中に沈まれたら、もぉぉぉぉ~駄目!!!

まぁ、相当程度綺麗に食えるが、やはり骨付きの魚は箸で食いたい。

だから、魚を箸で食わせてくれる西洋料理屋は、とても貴重。
当地のgawaさんとか。美味いと箸で精密に食いたくなるしね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

掲載あざーす!
先のメールでお伝えしたデザート100円お待ちしております!

今度特集でうちのお店書いてくださいね

>bistro gawa様
開店3周年!おめでとうございます。
もう3年なんですねぇ。
初めて行ったときに同業者と間違われたのが、つい先日のように思われます。
今年は記念式典には行けませんが、また妻と一緒に襲撃します。
今度はメインを4皿くらい注文しちゃいましょうかね?

>今度特集でうちのお店書いてくださいね

いっぺん、この辺りで好きな食い物屋をだぁ~っと書き並べてみたい衝動に
駆られることはありますが、わたしゃ、所謂「グルメレポート」の類は苦手でして、
そんな経験も知識も能力もありませんってば。真似事くらいならできるかもしれませんが。

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク