焼きめし vs  チャーハン

焼きめしとチャーハン(炒飯)は別のものだというのが
一般的な見解かもしれない。僕も両者は別のものだと思う。
具体的にどう違うのかに関しては、いろんな説がある様だが、
まぁ、それはネット検索に任せる。

因みに、僕が作り分けると

これが炒飯(エビ炒飯)で

ebi_cha~han_200807

こっちが焼きめし(エビ・ウスターソース味)

ebi_yakimeshi_200807.jpg

両者において何が異なるのだろうかと考えてみるに

炒飯には白ネギを使うが、焼きめしには玉葱を使う。
みじん切りにして茶色くなるまで炒めた玉葱。
炒飯でウスターソース味は、ちょとあり得なく思う。
炒飯はパラパラを希求するが、焼きめしはしっとり。
炒飯は塩味主体、か?
いや、XO醤味とかオイスターソース味も作るので、
炒飯即塩味ということにはならないが、それでも
ウスターソース味の炒飯は、ちょっと違う。
つーか、ウスターソースを入れたらパラパラは無理だ。
無理でないにしろ、パラパラのウスターソース味は、
これまた、ちょっと違う気がする。
まぁ、レタス炒飯はOKだが、レタス焼きめしはちょっと違う。

まぁ、両者の区別は、僕にとってはきわめて感覚的な
もので、他の人に通用するかどうかは判らんが、
通用しなくてもかまわない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チャーハンの作り方について

いつも楽しく拝見させていただいております。

積年の悩みが解決される
調理法ばかりで
なるほどなあーととても為になります。

特に低温料理法はすごいと思いました。
中華の蒸し鶏の柔らかさって
どうやって出すのか検討もつかなかったのですが
なるほど、あの料理法で作るんですね。
それが分かっただけでも「ひとつの財産」です。

あの、そんな政さんにお願いがあるのですが
上記のパラパラの黄金エビチャーハンの
作り方を教えていただけないでしょうか。
自分で家で作るのですが
納得行く味になることはなく
たぶんこのままでは一生うまく作れないと思います。
(そういう強い自信があります)

そこにはコツや秘密や手品でいうタネみたいなものが
きっとあるかと思うのですが
それをご教授いただけないでしょうか。

むしがいいお願いだと重々承知していますが
ご検討いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

炒飯

>けんさん

いらっしゃいませ。ご愛読ありがとうございます。

中華風の蒸し鶏ならぬ茹で鶏は、あの方法がいまのところベストと
思っています。文字通りの蒸し鶏は、温度管理がちと手間そうなので、
まぁ、もういいかなと。

さて、御題ををいただきました炒飯。
炒飯は家庭の厨房に立つ男子の夢と憧れとこだわりに溢れ、ネットで
語られるレシピにも多くの主義主張があるようで、とても色んな意味で、
難しい料理ですよね。

でもっ!
せっかくいただいたリクエストですので、我が家流の炒飯の作り方につき、
近日中にエントリしてみます。今しばらくお待ちください。

おおー、快くお引き受けいただきまして
ありがとうございます。

そうですよね。
炒飯については諸説ありすぎて
それらを試しているだけで
時間が過ぎていきそうです。

政さんの作り方は
ポイントが明記されているので
細かい分量とか書いてなくても作れるんですよ。
失敗しません。
それに書いてない方が
自分好みの味にアレンジできるので
合理的な気がします。

そういう意味でとても信頼しているので(勝手に)
炒飯のレシピを教えていただけるのが
とても楽しみです。

いましばらく

>けんさん

食材の始末とローテーションの関係がありまして・・・

いましばらくお待ちください。

いえいえ、こちらが無理を申し上げてるので
お手透きの際に教えていただければ幸いです。

楽しみにしております。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク