タイ風カレー(グリーンカレー)

greencurry_02.jpg
ずっとタイのカレーは「ヤマモリ」という業者が輸入販売して
いるレトルトしか食べたことがなかったのだが、「アライドコー
ポレーション」という業者が輸入販売しているスパイスセットを
購入して、作ってみた。

greencurry_01.jpg
ヤマモリのレトルトではグリーンは辛くて、イエローはあまり
辛くないので、実は最初はイエローを作ってみたのだが、その
イエローはレトルトのイエローよりは辛かったので、やっぱ
イエローは辛くないというのは一般化できないんじゃないか?
だったらグリーンが辛くないということもあり得る!
と、そう思いグリーンカレーを作ってみた。
(あとでよく調べたら、グリーンカレーは一般的に辛いそうな。)

作り方はパッケージに記載してあるので省略するが、
僕は鶏の皮と脂が嫌いなので、最初に皮と脂をじっくりと
焼き切るように手順変更した。
それからシメジはエリンギに変更し、ピーマンはなかった
ので省略。それから食材墓場から細竹の水煮を投入した。

勿論、タイ米を炊いた。

greencurry_03.jpg
因みに、
鉢の中に見える葉っぱは、「コブミカン」の葉だそうで、
「ヤマモリ」のレトルトにもこれがバラバラと入っていたが、
まぁ、食うもんじゃないだろうさ。でも、これが入っていると
いないとでは大違いなんだろう。
グリーンカレーの独特の風味、香りはこれに依るところが大き
そうである。


一口食べると、妻は顔をしかめた。

「辛すぎ!」
え?そんなにやばかった??

僕も一口食べたが、まぁ、普通じゃないかな?
ちょっと辛いか?
でも、やっぱ、レトルトとは野菜のフレッシュ感が違う。
鶏肉もうまい。って、アタリマエやけど。

手持ちの料理書『カレーのすべて』(柴田書店)にはレシピが
載っているので、辛み成分を減らしたものを一から作れば
いいのかもしれないが、入手がややこしそうなものもあるので、
なかなかどうしてちょっと大変かも。いやぁ、いまはネット
通販でどないにでもなるか。
でも、どうせ作るならプー・パット・ポン作ってみたい。

まぁ、とりあえず、
妻にはタイ風焼きビーフンでも食べててもらえばええか?
って、これも「パッタイ・ペースト」が無くなれば探して
買うことになるので、そのときについでにタイの香辛料を
色々と買えばいいのであるが、そうなると、我が家の食材
墓場の在庫を増やしかねないので、そこが問題。

あれ?ナム・プリック・パオって、食材墓場にあるじゃん!
あとは活けのワタリガニでもあれば・・・
あぁ~本場ではノコギリガザミの仲間を使うようだから、
ドーマンガニなら完璧やんか。値段高すぎるけど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おー!明後日の昼食はグリーンカレーにしましょう♪(明日は家人が外出につき自分の昼食しか考えないもので。)

政さん、お砂糖入れました?
私、初めて作ったときには砂糖を入れず、家族から辛すぎるとひんしゅくをかったのですが(グリーンカレーペースト添付のレシピには砂糖を入れるとは書いてなかった)、どうも砂糖を入れたほうが良いようです。(入れていらっしゃるならもうほんの一つまみ足せばよいのではないかと。)

いやぁ、それにしてもこのところ何も思いつかなかったので、助かりました(笑)でも我が家のエアコンは壊れているので、月曜の昼は大変なことになるかと・・・(^^;

エアコンなしではやっていけませんな。

砂糖は入れました。作り方にデフォで入れるように指示がありましたから。
それでもまだグリーンカレーは辛いっすね!

風味や香りはすんごく好きなので、あの辛ささえもっとマイルドならば
我々は大喜びするでしょうが、グリーンカレーからあの辛さを除いたら、
もはやグリーンカレーではないのでしょう。

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク