タイカレー(タイ米の美味い炊き方)

昨日の晩飯は手抜き。レトルトのタイカレーとインドカレー。
curry01.jpg


どちらも現地生産の輸入物だ。やはりこういうカレーには日本米よりタイ米(インディカ)が合う。 
ところで、このインディカは、日本米と同じように炊飯器で炊いても絶望的に美味くはない。
そこで僕がネット検索や試行錯誤から到達した安定的に美味く炊ける方法を紹介したい。

要約すれば「5分茹でて、湯を切って、15分蒸す」だけのこと。
それを実現するための方法は色々あるだろうが、僕の具体的手順は次のようである。

1 炊こうとする米の量に比してなるべく大きな鍋に湯を沸かす。
  湯の量は多い方がよい。1合あたりで1リットルは欲しい。
  洗わないでタイ米を投入。5分間煮る。隣で蒸し器を準備しておく。

2 ザルにあけて湯を切り、蒸し布に包んでザルに入れタイ米を蒸す。
  時間は15分。
 
これで出来上がり。パラッとした美味いタイ米御飯が炊ける筈。
尚、この飯を使えばタイ風焼きめしも、インドネシア風焼きめしも美味く作れる。

ところで、我が家には専用の蒸し器がない。
蒸し器は大きい。そんな収納スペースがない。故に妻が買わせてくれない。
仕方がないので我が家で一番大きい鍋にザルやら金属製の裏ごし器を組み合わせて
蒸し器の代用としている。
こんな感じに。
thai_rice.jpg


昨夜のカレー2種のうち、タイカレーは
ヤマモリのタイカレーシリーズの中の「蟹と玉子のカレー」。
curry02.jpg


ヤマモリのこのラインナップは、いままで赤、緑、黄は食べたことがあったが、
これは食べたことがなかったので試してみた。
感想は「蟹の風味もあり、悪くない。化調も気にならない。でも辛い。我々には辛すぎる。」
ヤマモリのタイカレーでは、僕たちにはあまり辛くないイエローが一番だ。

他方、インドの方は函南町の『Aoki』で買った
「ほうれん草とカッテージチーズのカレー」。
curry03.jpg


生産地はインド。生産者もインポーターも知らない。
でも、材料がよかった(無化調)ので購入してみた。
パッケージには「マイルド」とあったが、我々には辛すぎた。
ストイックな味付けで、悪くない。
悪くはないが、同時に食べたタイの蟹カレーに比して分が悪い。
タイカレーの方には蟹やら烏賊やらナンプラーやらが入って
それなりに複雑なうま味があるのに、こちらの味はストイックに過ぎる。
でも、単体で食べれば美味いと思われる。

このシリーズは他に3種類ありストック済み。食べたら紹介してみたい。


ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとちょっと幸せ。
応援していただけるのならば、下のアイコンのワンクリックをお願いします。


  にほんブログ村 料理ブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インスタント食品・レトルト食品・冷凍食品
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク