鰹の刺身

清水町の『食遊市場』に定期巡回に行ったら、鰹発見!
半身で安すぎず、高すぎずと思えたので購入。

katsuo_200705_01.jpg

骨付きの半身を買えたのは幸いと言える。
何故って、持って帰る際に身が割れにくいから。

早速、中骨と背身、腹身に分ける。

katsuo_200705_02.jpg

中骨はあら炊きにして、背中は皮を引いて刺身に。
腹身は翌日にまわしてタタキにして食うことにした。

いつもおろしている途中に肉片を試食するのだが、
この鰹はやばかった。美味いのだ。
食感がサクッというかもちっというか、適度な弾力が
あり、臭さ皆無で実に美味い。

katsuo_200705_00.jpg

盛りつけは相変わらずだが。あしらいを添える気がないのね。
でも美味い。

血合いだって血の味はするが生臭くもなく、そのまま鍋に
放り込んで酒をどばどばっと適当に注いで火にかけ、
がぁ~とわいてきたところに醤油をどばっ!と入れて
適当に炊いたら、これがまた美味くて。写真はないけど。

あぁ~いい買い物だった。

ところで、浜松の方では「もち鰹」というのを珍重するそうな。
で、その「もち鰹」というのは、漁獲後死後硬直以前の鰹、
要するに身の活かった鰹をいうらしい。
で、そのもち鰹の刺身の食感がもちもちしっとりして、
一度食えば忘れられないとか。

ふぅ~ん。一度食ってみたいなぁ。もち鰹。
沼津あたりでも売っていないものだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 魚さかなサカナ~♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク