味噌カツ

TVでやっていた名古屋の食い物の特集で見て、
食いたくなったので作ってみた。

misokatsu_00.jpg

といっても、実は味噌カツというものを今まで
食ったことはない。まぁ、見たところ要するに、
トンカツを味噌だれで食うのが味噌カツという
理解でよさそうなのだが、その肝心の味噌だれ、
どんな味加減なのか全然わからない。
ググってみたら案の定百花繚乱。
そこで、とりあえず、八丁味噌のメーカーの
サイトで見たレシピで作った。

八丁味噌と砂糖と醤油と味醂と、それからウスター
ソースを入れるのが面白いが、

misokatsu_01.jpg

それらを出し汁でのばしてちょっと煮詰める。

でも、固さがわからんなぁ。ゆるゆるなんやろか。
ちょっと固すぎたかなぁ。ま、わからんね。

んで、あとはトンカツ揚げるだけ。

ところで、我が家ではトンカツは薄いものと相場が
決まっております。外食の世界ではトンカツは厚い
ものがもてはやされているようではありますが、
いえいえ、トンカツは薄い方が美味いですって。
ま、これは好みの世界ですからね。問答無用。

というわけで、我が家では

misokatsu_02.jpg

トンカツの肉は薄く叩きのめされるのであります。
部位はロースではなくて肩ロース。
肩ロースは筋が複雑に入り組んでいるので、
加熱すると予想外の縮み方をして困らせてくれる
こともありますが、これも叩きのめせば解消。

これも食材墓場の発掘品だが、油はこんなの使ってみた。

nataneabura.jpg

サラダ油が値上がりしているので、ならば最初から
こういうのを使ってもいい気もする。

で、食った感想はというと、ちょっと味噌だれが辛い。
詰めすぎたのか、いや、醤油が余計な気もする。
ちょっと手直しして、保存しておこうと思う。
茄子の田楽にも使えるだろうし。


ま、いずれにせよ、一度は本場のを食ってみなくては。


ところで、味噌カツは名古屋名物と言うことだが、
発祥は三重県津市の或る洋食店なんだってね。
ところが、名古屋が発祥という主張もあるようで。
まぁ、どっちでもええんやけど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

矢場とん

デパ地下で「名古屋名物味噌カツ」的なものを売っていて、食べたことがあるのですが、なんだか甘くてくどい。。。スーパーにも味噌カツ用の味噌って売ってるのですが、同様に甘ったるい・・・
それで「味噌カツ」自体、食べるに値しないものと思っていたのですが、名古屋の“矢場とん”で食べた味噌カツは思いのほかおいしゅうございました。(まあ相当ネガティブなイメージがあったのでその分美味しさ倍増という感じもありますが(^^;)もし名古屋へ行かれることがありましたら一度お出掛けください。駅ビルにもありますので。
ちなみに駅の矢場とんで飲んだ生ビール(多分エビス)は、久々に相当美味しかったです。(たまに生の回転の悪い店だと若干酸味が強かったりするじゃないですか。それがあの店の生は相当美味かったじょ~!!!)

>すまいるさん
味噌カツのタレって、しゃばしゃばなのからぽってりしているのまで、
色々あるようですね。どれがいいのか、食ってみなけりゃわからない。
名古屋は帰省の度に通過するのですが、未だに降り立ったことがありません。
いまだに未知の街です。「矢場とん」ですね、覚えておきます。


ところで名古屋といえば美濃忠の羊羹ですなぁ。大好物!
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク