焼きビーフン

我が家で「焼きビーフン」といえば、久しくタイ風の焼きビーフン、
幅広のビーフンをパッタイ・ソースで味付けをしたものだった。
それが先日、横浜の中華街に行った時に食った焼きビーフンが美味
かったので、中華風もいいじゃないということで、作ってみた。

yaki_beefun.jpg

具材は、冷蔵庫にあった塩豚(肩ロース)の細切りと、人参、玉葱、
白ネギ、エノキダケ、小松菜。

味付けは、ユウキの「超級味玉」と醤油と紹興酒。
それから沙茶醤。

錦糸玉子と煎り胡麻をトッピングするのは、参考にした
『香港粉麺飯』(謝華顯 著 柴田書店)の流儀。

作り方は、ネットにいっぱいあるから略。
ただ、やっぱ、麺類炒め系に限って言えば、フライパンはテフロンが神!
油も控えめにできるし。

それから「沙茶醤」の風味は、人によって好みが分かれる。
僕は好きなんだが、妻はこれを嫌う。

ま、そんな感じ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク