貝いろいろ(ホタテ・白ミル・アワビ)

 貝をいろいろ料理してみた。 

kai01.jpg

アワビにホタテに白ミル。
 今回のメインはなんと言ってもアワビではなくって白ミル。今まで赤貝もトリ貝も捌いたことはあったが、ミル貝を捌くのは初めてだった。家で食べたことがなかったのだ。あの水管を食うのだということはわかるが、その表皮を剥ぐのがなんともめんどくさそうで、なかなかなかなか手を出す気になれなかった。だが何事も経験だ。いい年をしても初めての経験には心が躍る。新しいことを何もしたくなくなれば終わりだ。
 さて、白ミルを捌いた感想は 「なぁ~んや」。あほみたいに簡単至極。
じゃまくさそうやった表皮を剥くのもするすると面白いように剥げた。
今はネット検索という便利なものがあって、白ミルの捌き方もネット検索で一発。
説明されているサイトをざぁ~っと見て回って、いざ!!!!
それだけのこと。 

kai02.jpg

 ほんと、今までやらなかったのが馬鹿みたいである。
これで家で好き放題に食える。造りでも中華の炒め物でも何でもござれだ。
手に入れば本ミルも家で食いたい。

 作ったもの。

kai03.jpg

 まずは白ミルの造り。切るだけ。
貝の造りはワサビよりも柑橘で加減した醤油で食う方が好きだな。
塩で?
一時、何でもかんでも塩で食わすのが流行ったけど、僕は醤油の方がええな。

kai04.jpg

 白ミルとホタテの湯引き。中華風のタレで食う。
豆鼓とニンニクとショウガのみじん切りをごま油で「炒める」というよりは「煮て」、
そこへスープと醤油とオイスターソースとナンプラーを入れてちょっと煮詰めたもの。
中華料理屋にあるような料理だが、
白ミルを家で簡単に捌けるということがわかったので、
これで安く食える。めでたし。

kai05.jpg

 アワビのステーキ。バターで焼くだけ。簡単。
踊り焼きよりこっちがいい。
肝バター(酒蒸しにして裏ごした肝を練ったバターに混ぜたもの)を乗せて食う。
極楽。
 ちょっと小さいが仕方ない。今度はもっとデカイのを食うぞ。
以前、沼津港の業者で買った時は、大体9000~10000円/kgってとこだった。
500gくらいのがええな。それでも、外で食うよりはるかに安い。

amanoto.jpg

 酒は秋田の『天の戸』。当地のある酒屋の冷蔵庫の奥で1年間低温熟成されていたものだ。
ま、売れ残りだったのだろうが。

 ところで、当地でもいまだに或る2,3の特定銘柄の日本酒がプレミア価格で売られているのを見かける。標準価格で売っているまっとうな店もあるにもかかわらずである。そういえば、某大手スーパーが、それらの銘柄の日本酒の扱いをやめた模様。だいだい、プレミア価格で、しかも常温の棚晒しで売られているのを誰が買うのか疑問だったのだが、いい心がけだと思う。

ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとちょっと幸せ。
応援していただけるのならば、下のアイコンのワンクリックをお願いします。


  にほんブログ村 料理ブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

うわぁ~貝好きにはたまらん絵だな~
やっぱ、あそびにいくわぁ~
河口湖って近い?友人の別荘で落ち合って料理してくれる?

まいど。
河口湖は遠いぜ。ここから見て富士山の真裏やん。僕ら夫婦には自動車がないしね。
ま、機会があれば一度遊びに来てねん。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク