秋田の関西人2008(食い物編)



なんだかエントリーの旬を過ぎた感がなきにしもあらずではあるが、
まぁ、気にしない、気にしない。

というわけで、秋田で食ったもの。

1日目の昼飯には、田沢湖畔の地ビールレストラン『ORAE』。
ここは去年の旅行で利用して良かったから再訪。
レストランに醸造所が併設されていて、ビールが美味く、
料理もなかなかどうして良い感じ。
でも何よりも素晴らしいのは大きな窓からの田沢湖の景色。

akita2008_tazawako_orae.jpg

去年もこの景色が印象深くて、これをまた見たくて再訪したと
言っても過言ではない位なのだが・・・

ただ、あそこは天井が高い。音がよく響く。
偶々居合わせたどこかの初老軍団の動物園並みの騒がしさに閉口。
そういえば、行きの新幹線でもどこかの初老軍団が一升瓶を持ち
込んで大酒盛りの動物園状態であった。実に、実に忌々しい。

幸い、湖畔のレストランからは、我々よりも先に初老軍団は去り、
思い通りの静けさを享受することが出来た。
そうだよ。冬の湖畔は静寂が支配していなくてはならない。


1日目晩飯~3日目朝飯までは、ずっと鶴の湯別館山の宿にて。
ひたすら和食系だった。味や量に不満はないのだが、仮に1週間
くらい滞在したら、1度や2度は洋食系を食わしてくれるのだろうか?

3日目昼飯。

田沢湖駅前のスーパーを探検。
田沢湖駅は乳頭温泉や玉川温泉への拠点となる駅だが、駅前から
バスに乗って、帰りもバスで駅前で降りて・・・というのはつまらない。
だから、駅の手前で降りて、行きにバスの中から見えたスーパーへ。

名前を忘れたが、こちらでは見かけない菜っ葉が何種類かあった。
それから、これっ!

akita2008_hourensou.jpg

お馴染み、JA秋田おばこの萌えキャラのほうれん草。
なんか知らんが買ってしまった。妻にあきれられる。

お国柄か、山菜が色々あった。まだ冬だからか、水煮や乾物。
ただ、その殆ど全てが中国産であった。

それから、コンニャク売り場で、コンニャクの種類が多くて、
しかも白いコンニャクがやたら多いことに気がついた。
僕にとっては、コンニャクは黒い、というか色の濃いものだが、
田沢湖のスーパーにはずらずらと白いコンニャクが並んでいた。

帰宅後、ネット検索で調べてみると、東北ではコンニャクは
白いものらしい。(興味のある方はご自分でググって下さい。)

田沢湖の駅前に徒歩で、といっても至近だが、移動して物産館へ。
『田沢湖市(いち)』というところで、そこは品揃えが良い。
なんとっても、地物農産物や加工品が豊富で、地酒も色々買える。
やはり土産にはこういうものがいい。パッケージさえ変更すれば
どこの土産物としてでも売れそうな、当該土地と歴史的関連性も
土地的関連性も無くて、しかも食いもんとして何の取り柄もない
ような、そんな悲しい土産もんは要らん。

中にはそば屋もあるので、妻とはちょっと別行動で。

akita2008_tazawako_soba.jpg

比内地鶏のそばを食う。地粉の十割で、つゆは無添加。
昼飯に好適。近所に欲しい。


この後、角館へ移動して、本格的に昼飯を食う予定だったのだが・・・

新幹線が止まっていた・・・駅員の話では12時に運転再開とか言って
たのに!再開したのは13時半過ぎだった。
12時に角館に行けるバスがあったのに!やられたよ。もろに。

結局、角館に着いたのは14時過ぎなのであった。

(続く、たぶん。)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク