白子の天ぷら

そろそろ鱈の白子も終わりだね~ということで、
食い納めにたっぷりと購入。

shirako2_01.jpg

500gあったが、掃除をしたら450gほどになった。
まぁ、やむを得まい。

で、例の方法で火を通した。

shirako2_02.jpg

今回、鍋を保温するのにレスキューシートなどと
言われるあの銀色シートで鍋を包んでやると、
なかなかよい具合に温度を保つことが出来た。
70℃スタートで白子を投入して、シートで包んで
30分後の温度は60℃くらい。ええ塩梅やな。
今回は30分加熱したが、うん、悪くない。

とりあえず、これで食えるので、半分はポン酢で。

shirako2_03.jpg

一度に大量に食っていいものでもなかろうから、
残りは翌日に天ぷらにした。
天ぷらにするときにも、上記の方法で下拵えを行う。
すでにそのまま食える状態になっているので、後は
衣をつけて、表面だけカラリと揚げればいい。

と、一応、そんな方向性だけはあるのだが、

shirako2_tenpura_01.jpg

あかんねぇ・・・もったりした感がある。

shirako2_tenpura_02.jpg

一応、白子の外形はトレースできているようだが、
これじゃぁフリッターだってば。

薄くてカラリとした衣が白子を包んでいる状態が
理想なんだが。
白子は水切りをして、あらかじめ小麦粉をまぶして
おくのだが、それがもったりの原因かもしれん。
しかし、直接に白子を薄い生地にくぐらせると、
油の中で生地がはげてしまい、更に駄目駄目。

やっぱ天ぷらは難しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク