山形の関西人3.(新庄の街歩き)

最終日。
宿の車で大石田の駅まで送って貰い、

ooishidaeki.jpg

新幹線で新庄へ向かう。
驚いたことに、新庄へ向かうのは我々のみ。
みんなさっさと帰っちゃうのかな?

さて、新庄駅に着いたらロッカーに荷物を預けて、第1目標へ!
とおもったが、ロッカーで驚いた!!!
鍵が付いているのに開かない!こら!!開かへんやんけ!
と、落ち着いて観察すると・・・

shinjo_01.jpg

はぁ???カネを先に入れな開かへんの????

せやけど、これって、カネ入れて開けたら荷物が大きすぎて
入りません!!!!ってことになったらどないするねん????

こういうのもお国柄なんかなぁ?

さぁ、気を取り直して、第1目標!

新庄は馬刺しが名物だということなので、土産に馬刺しを買って
帰るべく、地もてぃ~御用達の名店を事前にネット検索で調べて
おいたのだ。肉屋の名は『マルリン』。
そこは大体、駅から3km。余裕の徒歩圏内。
しかも積雪期の雪国の街を歩いて3km~わくわくするぜ!

でも、しかし、まぁ、あれだ。
新庄の街は除雪が行き届いていて、歩きやすいこと。
ちょっとがっかり。
しかも、結局、2泊3日中、雪なんか降りもしない。
僕はちょっとは吹雪の中を歩いてみたかったんよ。

それでもこういう風景は期待通り。

shinjo_02.jpg

雪国なのねぇ~

shinjo_03.jpg

「雪捨て場」というのがなんとも雪国って感じ。

まぁ、雪が積もってるのを見たければ、東北に行かなくても、
富士山の麓を転げ回っていればいいのだが、いやいや、やっぱ
雪が積もっている街に行くことに意義があるのさ。そういうのが
旅情をかき立ててくれるのな。

何の苦労もなくサクサクっと歩いて肉屋『マルリン』へ到着。
店内に入ると、先客がお一人。冷蔵ショーケースには殆ど何もなし。
まぁ、品質保持の為にはそれでええんやけどね。
自分の番が来た。
その店の馬刺しはすべて山形産で、値段によって4段階ある。
値段ごとの違いの説明を求め、結局、900円/100gのものを
500g程度貰っていくことにする。
出してくれたものは道産子という品種のロースの部分。
外の冷蔵庫から持ってきたロースの塊から脂身と筋を取り除いて
馬刺し用のブロックを切り出してもらった。
当然、ブロックのままで持って帰る。勿論、保冷バックは持参。

第1目的を達成したので、肉屋へ来る途中に発見したスーパーへ
入って、ご当地食材探検をした。
まぁ、スーパーの品揃えは、どこでも大体似通ったものになるが、
それでも地域の個性というものは出るもので、「郷野目ストア」では
馬刺しがあったのは予想通りだが、焼麩の類が何種類もあったこと
には驚いた。
帰って調べてみたところ、山形の麩なら庄内麩なんかは有名だが、
新幹線沿線の東根、尾花沢の一帯でも昔から麩が特産らしい。

やっぱ、こういう発見が旅行の楽しみなんやな。
新幹線駅で降りたら宿の送迎車で送って貰い、宿から新幹線駅
まで送って貰って、新幹線に乗って・・・
という旅行には、こういうおもしろみはない。

昼飯に予約しておいた料理屋へタクシーで向かう。
新庄の観光情報サイトで見つけておいた「あがらしゃれ」というのを
食う為である。これは郷土料理を組み込んで仕立てたコース料理。

新庄市内のいくつかの料理屋が提供しているそうだが、平日昼間に
開いていて、大店でなくて、それなりに格式がありそうで、観光客
慣れもしていそうで・・・という感じで選んで予約を入れていたのだ。

結果、今回の旅行で食ったものの中で一番美味かった。
今は端境期で地のものが少ない。春になれば山菜が豊富に出ると、
女将は申し訳なさそうにおっしゃる。いえいえ。美味いです。

「納豆汁」というのが出てきた。僕は名前からつぶつぶの納豆の
入った味噌汁みたいなものを想像していたのだが、納豆はすりつぶして
加えるそうである。だから、納豆粒は見えないのに、納豆の風味がする。

個室でゆっくり昼飯を食った後は、駅まで街を歩いて行ったが、
アーケード街は所謂「シャッター商店街」。

shinjo_04.jpg

平日の昼間とはいえ淋しすぎる。
先ほどの料亭の女将の話では、新庄でも郊外のショッピングセンターに
客は流れてしまったそうだ。
2回行った秋田の大館市もそんな感じやったな。

帰りの新幹線までまだ時間は3時間以上あったので、更に地元のスーパー
探検ということで、観光地図に載っていたマックスバリューに行くと、
あれ??ひょっとして無かった???
ま、とりあえず、新庄の警察署を越えたところにスーパーがあったので
そこを探検して、欲しかった「凍み大根」を見つけたのでGET。
他、ちょろちょろっと購入。
で、マックスバリューはどうした!!??
とケータイのGPSを見るとあぁ~どうやら

shinjo_05.jpg

この空き地が跡地ということか!!!
でも、ネットの地図にも載ってるじゃん!!!
にしても・・・
警察署の向こうに別のスーパーがあったからよかったようなものの、
もしあのスーパーなかりせば、
私は妻からどのような仕打ちを受けたかと思うと、
ああ、おそろしやおそろしや・・・

駅に戻ると丁度ええ感じの時間。
駅ビルの中にある「もがみ物産館」で土産物(すべて食品!!!)を
買い込んで新幹線で帰った。そこは最上地方の特産品が色々買える。
観光客的には立ち寄る値打ちが大いにある。
知ってたら銀山温泉からまっすぐ帰るなんてあほらしなります。


新幹線が新庄の駅を出てすぐのところ、左手に「ヤマザワ」という
大きなスーパーっぽい看板を見かけた。
帰宅後調べてみると、地元の一大スーパーじゃないの!!!!
ああっ!やられたぁ~っ!!!
新庄は西口が旧市街で、東口が新市街なんやね。
東口に行こうという気がまるで起きなかったのが不思議でもあり
残念である。「念が残る」と書いて残念だが、こういうときにこそ
相応しい言葉。
僕の食い意地はいまだに新庄駅の近辺をさまよっているかもしれん。

以上で「山形の関西人」は一応終了です。
あと、買った食い物のネタはちょろちょろっとでるかもしれません。

タイムリーさですか?
それは個人の趣味的ブログには要求水準高すぎ~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク