てっちり

帰省中に実家で食ったもの、その2

年末に皆で鍋もんを食おうということで、今回は妹の希望で
フグになった。フグといえば大阪!大阪の黒門市場へGO!
黒門ではフグ密度が非常に高いのである。
魚屋には河豚、河豚、河豚。それがバンバン売れていく。
なんもわからんかったら、人混みでもみくちゃにされながら
どの店で買うか悩むところである。
京都の錦に比べると黒門は道幅も広く、規模も大きいが、
それでも人ぎゅんぎゅんづめ。観光客(らしき人)も多い。
幸い、今回は突撃目標の店を予め決めていたので迷わず突進。
その店はぱっと見ぃは唯の小さな魚屋だが、ものはよい。
当然、お値段もそれなりにええ値ぇだが、年末のごっつぉ、
それなりの覚悟もあれば準備もある。

唯、時間がちょいと遅めだったのが不安材料だったが、
もしかしたら残り福に巡り会えるかもしれんと、ちょっと
期待しつつ店頭に到着。
殆ど商品がはけてしまったのかスカッ!とした商品棚には
バシッと活け締めされたフグが2匹残存。これ幸いと・・・
「これなんぼ?」
「2匹ともいってくれたら○○○円にしとくで!」
「よっしゃ!いっとくわ!!」
という風に買って帰ったのがこちら。

fugu_01.jpg

1.5kg程度のトラフグ2匹分の上身とアラと皮と、
そして白子っ!!!

fugu_02.jpg

みてよ、このでかくてプリッ!としてツヤっ!とした白子!
僕らの大好物!4つもあるぜ!!舞い上がる夫婦!!

てっさは上身を自分で引かねばならんのだが、
実家にはろくな包丁がないので薄くは引けなかった・・・

fugu_03.jpg

まぁ、いいじゃないか。分厚いフグ刺しでも不味くはない。
切り口はスカッ!としてないが・・・

そしててっちり。

fugu_04.jpg

最初にフグばかりを入れて、それを全部引き上げたら野菜を
入れて、それを全部引き上げたら、またフグを入れて・・・と
いうのが、てっちりの上手い食い方だと思うのだが、今回は

fugu_05.jpg

1回当たりこの量を3回も繰り返すことが出来た。

勿論、最後は雑炊だが、河豚2匹分の出汁、いうまでもない。
フグで腹がいっぱいになったのは初めての経験でだったが、
脂っ気がまるでないので、実は胃に優しい食い物でもある。

ところでフグの白子はかなり加熱しても全然ぱさつかないのね。
鍋の中でかなりぐらぐらした後でもふんわりとろとろ。
なんだ、いままでかなりビビリながら火を入れていたけど、
実は結構おおらかに加熱しても平気やってんね。

これはいい経験になったということで、すぐにでも再確認と
いきたいところだが、困ったことに当地で河豚の白子を売って
いるのを見たことがないのである・・・
だからまた、今年の年末に大阪に行くまで、フグの白子は
食えそうにない・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鍋料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク