高いチョコレートを食べた。

小さな頃からチョコレートが大好きで、食べ過ぎては鼻血を出していた。
いまではさすがに鼻血が出るまで食べることはなくなったが、まぁ、
この体格で鼻血を出すまで・・・となると、一体どれだけ食えばいいのか
解らんが、というか、それだけ食えば妻に撃墜されるのは必定だが、
それでも洋菓子のジャンルではチョコが一番好き。

僕の子供の頃のチョコといえば明治の板チョコ、アポロ、チョコベビー、
チロル、セコイアというのもあった。まぁ、なんしか、大手メーカーの
板チョコか、それか駄菓子系のチョコ・準チョコとか、そんなの。

駄菓子系といえば、もう30年以上昔の話だが、あてもんのコインチョコが
あって、その一等賞の大きなのを一度食ってみたいと思っていた。まぁ、
ハズレの小さいのから一等賞の大きいのまで、中身は同じチョコだろうし、
思い出してみれば、あれはチョコではなく準チョコで、しかも口溶けが
悪くていつまでも口の中がにちゃねちゃするようなものだったのだから、
美味いものではなかったに決まっている。それに、何等からか上は、大きく
なると同時に、チョコの中にライスパフが混ざっていた。まぁ、要するに
割り増しなんだと思うが、それでも子供心には、一等賞であること、
大きいこと、しかも金紙に包まれて棚の上の方に輝いているということ等、
そんな理由から、あれはもの凄く価値のある眩しいものだったのである。

なんか無駄な前振りが長くなったが、先日、東京へ遊びに行った際、
デパ地下で妻にチョコレートを買って貰いました。
というのは、日本橋の三越でなにやら見たことのないチョコに遭遇!
知ってましたか??
今やチョコもワインの様に原料カカオの品種や産地による違いを鑑賞して
きき分けるのが通なんですよ!みっなぁっすゎぁ~ん!
まぁ、スーパー・小売りレベルでもカカオの品種別でナンタラカンタラって売って
いるけど、それにしてもえぇ~値段つけとるなぁ~やっぱやめよかなぁ~
でも興味深いよなぁ~・・・
と後ろ髪ひかれる思いでウジウジしていたら、妻が買ったげようかと、
買ってくれました。

これがそれなんだが、

AMEDEI_PORCELANA_01.jpg

AMEDEIがメーカーでPORCELANAが商品名か?なっと。
興味のある方はご自分でネット検索していただくとして、中身はこんなの。

AMEDEI_PORCELANA_02.jpg

個別包装。森永のカレ・ド・ショコラと同じ大きさですな。
でも、これ一枚で

AMEDEI_PORCELANA_03.jpg

カレ・ド・ショコラが一箱買える位の価格差がある。

味は、美味いです。はい、感想終了。

そもそも反則ですもん。値段が高い。
値段を知ってる以上、脳内補正は最大にかかるし。
まぁ、鼻血出すまで食いまくったら、正確な印象を持てるかもしれんが。
そもそも僕は味を表現する言語的能力に欠けている。「まいぅ~」って
言ったら妻にしヴァかれるし。某漫画的表現を使うとケツが痒くなる。
グルメライター系のノリノリの表現もキライだ。

誰かに貰ったら嬉しいが、買うのは、やっぱ躊躇する。
正直なところ。
万超ワインと一緒ですな、その辺の感覚は。

***

えぇ~値ぇ~のするチョコレートつながりでもういっぱつ。
これは自腹でも食いたいもの。

PIERRE_00.jpg

銀座の「ピエール・マルコリーニ」のチョコパフェ。
去年、一度食べて、もういっぺん食いたかったのだが、あそこはいつでも
行列ができている。僕は混雑と行列が大嫌いなので、ましてや花の銀座で
チョコレート屋の喫茶部門の順番待ちの行列に、うら若き女性に混じって
並ぶのはかなり抵抗があるので、全然食う機会に恵まれなかったのだが、
幸い、今回は行列もなくすんなり入れたので、めでたくほぼ1年ぶりに
食うことが出来た。美味。やはり美味。

スタッフの接客も良好。
マニュアル的対応が出来るのは当然として、更にプラスアルファも出来るから。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

チョコレートは一種の麻薬ですね。

このパフェ、非常に魅力的です。
とても食べたい。
どうしても食べたい。

そうですね。
チョコレートはやめられない、とまらない。

ピエール・マルコリーニのチョコパフェは、
是非一度お試し下さい。
平日夕方が狙い目のようであります。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク