白子筍

 「京都の筍が食いたい!!」という魂の叫びが通じたのか、妻の実家から京都の白子筍が送られてきた。
sirakotakenoko.jpg

 色は白っぽい。だから「白子」筍と呼ばれる。このサイズで全体がまだ土中にある。当然、自然にはできないもので、竹藪を耕したり、施肥したりして初めて得られる作物だということだ。付着している土が白っぽいところに故郷を感じる。
 遠方からの到来物であるから夕飯を後回しにしても、これらを茹でることが最優先事項となる。とりあえず今夜は姫皮を胡麻和えにするとして、明日は筍づくしに決定。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旬の料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク