青椒肉絲(ごちそう系)

久しぶりに御馳走系の青椒肉絲を作ってと言われたので作った。

chinjaorousu_00.jpg

何が「御馳走系」なのかというと、我が家では使う肉によって
青椒肉絲のグレードが決まるのです。当然、和牛の霜降り系を
使うのが最上等となっております。

今回、選んだのは和牛のもも肉網焼き用。

chinjaorousu_01.jpg

これを細切りにいたしまして・・・以下省略。

ま、「絲」といっても、こういう肉の場合は結構太めに切った方が
美味しいので、そのようにする。他方、オージービーフのもも肉で
作るときは、細く切った方がいいと思われる。

他の材料は、筍水煮。これはかつらむきにしてから細切りに。
椎茸。これも薄くスライス。香味野菜に葱と生姜。みじん切り。

chinjaorousu_02.jpg

作り方は省略。
ただ、油通しはしない。あれはいけない。精神衛生上よろしくない。
料理屋で作ってもらう分には気にはしないが、自分で行うのは躊躇。

だから、油通しではなく、ちゃっちゃと炒める。
筍を炒めて取り出し、椎茸とピーマンを炒めて取り出し、肉を炒めて
取り出し、火から外して葱・生姜を炒めて、そこへ具材を戻し入れ、
最大火力で一気に調味。

調味料はオイスターソースを中華スープでちょっとのばしたもの。
醤油と砂糖でバランス。
仕上げに紹興酒と胡麻油を具材の外縁部の鍋肌からじゅわっと。

因みに、

chinjaotonsu_01.jpg

これが日常系の青椒肉絲で、豚肉です。肉の色が薄い。


鶏肉で作ることもありますが…

chinjaochisu.jpg

えへへ。肉ですね。

chinjaorousu_03.jpg

肉ですねぇ~。やっぱ肉は牛肉ですなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク