生しらすの軍艦

namashirasu_gunkan_00.jpg


沼津辺りの寿司屋では名物ですが、我が家では家庭料理でもあります。

こうやって

namashirasu_gunkan_01.jpg

寿司飯でしゃり玉を食べたいだけ作っておいて、海苔も短冊に切っておき、
各自が海苔を巻いて好きなだけ生しらすを乗せて食う。

重要ポイントはただひとつ。ピンピンの生しらすを使うこと。
冷凍はあきまへん。美味しない。
今回も三島駅前の魚屋で発見したので購入。

namashirasu_gunkan_02.jpg

今回は午前中に買って、晩飯に妻と食ったのだが、まだ十分にピンピン!
今までスーパーで買ったのよりはるかに状態が良い。比べものにならん。

何が違いになって現れるのだろうと考えてみるに、その原因のひとつに
冷蔵ショーケースの温度があると思う。
魚屋では注文があって量るまで密閉型の冷蔵庫に保存してある。
買って帰って試食すると、まだピシッと冷たい。
スーパーでは開放型の冷蔵ショーケースで小分けにして売ってる。
温度は高く、試食するとぬるい。
その保存温度の差が食味の差として現れるのだと思うが、どうか?

秋刀魚なんかでも氷水に突っ込んで売ってるやつの方が良いと思う。
時々、スーパーでも氷水で売っているが、氷が溶けて水がぬるくなって
いるのにそのままという光景に出くわすこともある。やれやれ・・・

同じチェーンでも店舗によって色々なんだよなぁ、スーパーって。
最後は「人」の問題なんやろなぁ。

とにかく生しらすに関しては、スーパーの商品に満足したことはない。

namashirasu_gunkan_00_2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク